エスプーマの爆発死亡事故はなぜ起きた!欠陥それとも使用ミス?

事故

エスプーマの爆発死亡事故はなぜ起きた!欠陥それとも使用ミス?

日本では「エスプーマ(espuma)」の名前で知られているクリーム泡立て器が爆発し、フランスの有名なフィットネスブロガー、レベッカ・ビュルジェール(Rebecca Burger)さん(33歳)が亡くなるという痛ましい事故が、6月18日に発生しました。

エスプーマは食材をムースのような滑らかなクリームにすることができる調理器具ですが、どうして「調理器具」が爆発したのでしょうか?

エスプーマが欠陥品だったのか、それともビュルジェールさんの使用方法に誤りがあったのか?

本記事では、この事故について現在分かっていることをお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

エスプーマ、クリーム泡立て器

エスプーマとは?

エスプーマは、スペインのレストラン「エル・ブリ」のシェフ、フェラン・アドリア氏が考案したもので、日本ではフェラン・アドリア氏に師事した山田チカラ氏がエスプーマを使用した様々な料理を考案し普及に努めています。

エスプーマ本体は次のようなボトル形状をしています。中に食材を入れ密封し後、亜酸化窒素を中に充填してエスプーマを振り、レバーを引くと泡状になった食材がでてくるようになっています。

エスプーマ

エスプーマ

 
亜酸化窒素のガスは次のようなガスカートリッジか、もっと大きなガスボンベから充填します。

ガスカートリッジ

ガスカートリッジ


 
ガスボンベ

ガスボンベ


 
使い方は、こちらの動画で詳しく説明されているので興味があるかたはご覧になってください。

エスプーマはなぜ爆発したの?

報道では、レベッカ・ビュルジェールさんがエスプーマをどのように使用していたかは、明らかにされていません。

ビュルジェールさんは、自身のInstagramにもたくさんの料理の画像が載せていることから、エスプーマの取り扱いに不慣れだったとは考えにくく、エスプーマ側の問題と考えられています。

エスプーマはボトル内にガスを充填するという仕組み上、ボトル全体に大きな圧力がかかります。

じつはフランスの消費者団体が、エスプーマは、ガスカートリッジの接続部分に不具合があると外れてカートリッジが勢いよく飛び出す危険がある、と指摘してきました。

実際に、これまでにも事故は起きており、使用者が歯を折ったり、耳が聴こえなくなったり、失明したりしているといいます。2013年のある犠牲者は、爆発によって6本の肋骨と胸骨を骨折し、もし心臓部分に当たっていたら死亡していただろう、と病院から言われたそうです。爆発力がどれだけ強いのか、ちょっと想像できませんね。

仏消費者雑誌「60ミリオン」によれば、2015年以降に製造されたエスプーマは、この問題を解決し安全性が改善されていると言います。

フランスの新聞「ル・パリジャン(Le Parisien)」によれば、少なくともひとつの製造業者がリコールを行い、市場に出回っている16万個のエスプーマのうち25,000個だけが回収され、残りはまだ問題を抱えたままで使用されている、ということです。

いつ今回と同様の爆発事故が起きても不思議はない、という状態なのです。

レベッカ・ビュルジェールはなぜ死亡した?

詳しい状況は明らかになっていませんが、エスプーマが爆発し飛び出したガスカートリッジが胸に当たったのだと思われます。

これが原因でビュルジェールさんは心臓発作を起こしたようで、病院に搬送されましたが亡くなってしまいました。

ビュルジェールさんの家族が、爆発したのと同型のエスプーマの写真をサンプルとしてビュルジェールさんのInstagramに掲載しています。

ガスカートリッジは、思いのほか小さいのですね。でも、この小さな金属の塊が、爆発によって弾丸のように胸に当たることを考えると…。想像するだけで胸が痛くなりそうです。

エスプーマの使用に当たって

日本では、欧米で使用されているような亜酸化窒素を使用する “カートリッジ式” 耐圧金属製密閉容器の使用は認められていません。このため、エスプーマとずっと大きなボンベをチューブで接続して使用するタイプのエスプーマ(エスプーマアドバンス)が主に使用されています。

なので、ビュルジェールさんのような爆発事故は日本では起こらないはずです。

でも、実際には “カートリッジ式” のエスプーマを購入することができます。法的にはどうなのかな?と思うところもありますが、使い勝手が良いという利点があります。

安全性を取るか、利便性を取るか。

安全な “カートリッジ式” エスプーマが開発されれば、それが一番良いのでしょうけれど、すぐには解決しそうにありません。

エスプーマの爆発事故により亡くなったレベッカ・ビュルジェールさんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. スタバ12月1日に新登場のビバレッジとタンブラーやマグを紹介!
  2. 岡山産マスカットの缶詰とワインやビールの通販をご紹介【うまいッ!】
  3. 崔順実とは?朴槿恵大統領とはどんな関係?機密漏洩疑惑とは?
  4. ヤクルト杉浦稔大の年棒や成績は?紺野あさ美との馴れ初めも調査
  5. 武内舞子(KOMA)はなぜ家具職人に?彼氏や将来の夢についても調査!

関連記事

  1. 軍用機Tu-154の墜落原因は?搭乗してた軍の音楽隊も調べてみた

    事故

    軍用機Tu-154の墜落原因は?搭乗してた軍の音楽隊も調べてみた

    海外のメディアは、12月25日、ロシアの軍用機Tu-154がソチ(So…

  2. ライオン洗っていた飼育員はなぜ噛まれた?成田市なのになぜ湘南?

    事故

    ライオン洗っていた飼育員はなぜ噛まれた?成田市なのになぜ湘南?

    1月23日、動物プロダクションの飼育員が洗っていたライオンに噛みつかれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ツムラの河内鴨(合鴨肉)は通販で買える?店の場所や営業時間は?
  2. 奇跡のサツマイモ「紅娘」や「大栄愛娘」の通販・お取り寄せ情報
  3. 米代恭(きょう)ってどんな漫画家?Wikiプロフィールと作品の紹介!
  4. 銀沫(ぎんしぶき)と塩釜焼ローストビーフの通販とお取り寄せ情報!【青空レストラン】
  5. 室井麻希の旦那がイケメンすぎる!さらに家族は弟や妹まで美男美女!

ピックアップ記事

  1. ツムラの河内鴨(合鴨肉)は通販で買える?店の場所や営業時間は…
  2. 奇跡のサツマイモ「紅娘」や「大栄愛娘」の通販・お取り寄せ情報…
  3. 米代恭(きょう)ってどんな漫画家?Wikiプロフィールと作品…
  4. 千葉時代(チバニアン)に決定の理由は何?地層の場所や行き方は…
  5. 川本エゴマの郷(竹下禎彦)のえごま商品を通販で買うには?【人…
  6. 銀沫(ぎんしぶき)と塩釜焼ローストビーフの通販とお取り寄せ情…
  7. 室井麻希の旦那がイケメンすぎる!さらに家族は弟や妹まで美男美…
  8. 山下沙織がGirls☆の候補生に!プロフィールや眼の整形疑惑…
  1. きもいとウワサのワサラー団ってなに?主催者や活動内容を調査!

    社会

    きもいとウワサのワサラー団ってなに?主催者や活動内容を調査!
  2. 八木宏一郎ってどんな人?プロフィールと日本唐揚協会について調査

    テレビ

    八木宏一郎ってどんな人?プロフィールと日本唐揚協会について調査
  3. iPhone7 and Apple Pay

    ガジェット

    iPhone7のApple Payで交通系ICカードPASMOやICOCAを使用…
  4. ほしのあきの最近と昔の画像を比べてみた!活動再開はいつ?

    芸能界

    ほしのあきの最近と昔の画像を比べてみた!活動再開はいつ?
  5. 三島有紀子が稲垣来泉を違反労働させた理由は?ドラマはお蔵入り?

    テレビ

    三島有紀子が稲垣来泉を違反労働させた理由は?ドラマはお蔵入り?
PAGE TOP