2016年11月14日は68年ぶりのスーパームーン!見える時間や方角は?

天文

2016年11月14日は68年ぶりのスーパームーン!見える時間と方角は?

今年2016年のスーパームーンは11月14日です。

今回は特に月が地球に近く、68年ぶりの近さとなるため、さらに大きく見えるスーパームーンです。

まず、簡単にスーパームーンについて説明したあと、11月14日に、何時にどの方角を見れば、スーパームーンがよく見えるのかをご紹介しましょう

スポンサーリンク

スーパームーン

スーパームーンとは?

一般的には、通常の満月よりも大きく明るく見える満月のことをスーパームーンと呼んでいます。

大きく明るく見える理由は、地球を回る月の軌道が楕円であるため、地球に近くなったり遠くなったりしており、たまたま近くなった時に満月(または新月)になったときの月をスーパームーンと呼んでるのです。

ただ、このスーパームーンという言葉は天文学で使われておらず、「スーパームーン」の天文学での厳密な定義というものはありません。

占星術の世界では、このスーパームーンと言う言葉を定義したした人(Richard Nolle)がいます。その定義によると、

軌道中で地球に最接近(90%以内)した新月または満月。即ち、地球と月と太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態

のことをスーパームーンと呼ぶのだそうです。でも、なぜ90%以内なのかは不明です。

2016年11月14日のスーパームーン

今年2016年のスーパームーンな、地球と月の距離(地心距離: 月の中心と地球の中心の距離)が35万6520kmで、これは68年前の1948年1月26日のときの35万6491kmに次ぐ近さで、その差はたったの30kmです。

それでは、今年のスーパームーンはどのくらい大きいのでしょうか?

計算上では、最も小さく見える(最も遠い地にある)満月と比べて、約14%大きく、約30%明るいのだそうです。

下の図は、その違いを図で示したものです。

満月の大きさ比べ

©国立天文台 天文情報センター

こうして、並べてみるとかなり違うことは分かりますよね。

でも、実際に左の月だけが夜空に見えていたらどうでしょう?

以外に、月の大きさを正確に覚えている人は少ないと思うので、見ただけで「大きい!」と分かる人がいたら自慢していいと思います(笑)

スーパームーンが見える時間、方角は?

それでは、何時にどの方角を見ればスーパームーンが見えるのかについて、ご紹介しましょう。

おすすめの、スーパームーン観望の条件としては、

太陽が沈んでから時間ある程度経っていて、空が暗いこと
満月は明るいため、空がまだ明るくても見えますが、綺麗に見えるようにと、少なくとも日没後1時間は経っていることを条件にしました。
月が地平線から十分な高さにあること
地平線から上って間もない月は、周りの建物や、遠方の山々などに隠れて見えないことも多いです。そのため、ある程度月が上ってから、実際には30°以上の高さがあることを条件にしました。

各地の時間

場所は、北海道(札幌)、東京(中央区)、大阪(大阪市)、熊本(熊本市)の4地点を取り上げました。

11月14日の、月の出、月の入りは次の通りです。

北海道 11月14日 16:22 11月15日 05:23
東京 11月14日 16:40 11月15日 05:19
大阪 11月14日 16:59 11月15日 05:36
熊本 11月14日 17:21 11月15日 05:54

各地の、月の高さ(高度)が30°以上ある時間帯(=スーパームーンの観望に適した時間帯)は、次のようになります。

北海道 11月14日 19:16 ~ 11月15日 03:39
東京 11月14日 19:17 ~ 11月15日 03:50
大阪 11月14日 19:34 ~ 11月15日 04:09
熊本 11月14日 19:53 ~ 11月15日 04:29

月の見える方角

10月14日のスーパームーンを観るの良い時間帯の、初めと終わりの月の方角を示します。画像はクリックすると大きくなります。

各地とも見える方角についてはあまり違いがありません。

月の出後、30°の高さ

スーパームーンの見える方角(始め)

月の入り前、30°の高さ

スーパームーンの見える方角(終わり)

周りに建物や山がなく、地平線近くまで見通せる場所であれば、もっと早い時間から、そしてもっと遅い時間までスーパームーンを観ることができます。

何時間も眺めているということは無いと思いますが、できるだけ良い場所を見つけてスーパームーンを楽しみましょう。

まとめ

本記事では、68年ぶりという2016年11月14日のスーパームーンについて、見える時間や、方角のご紹介をしました。

良い場所を見つけてスーパームーンを観に行っても、天気が悪くてはどうしようもありません。

ぜひ、雲のない良い天気となって欲しいですね。

スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. 仏大女優ジャンヌモローの死因や葬儀の予定は?若い頃の画像も紹介
  2. 西尾美恋はメイク上手?Twitterやインスタ画像と家族や学校も調査!
  3. 伝説的女優デビーレイノルズの死因は?経歴や家族についても調査!
  4. AirPodsの落下による紛失を防ぐストラップがSpigenから登場予定!
  5. 金正男と身元確認される!DNAサンプルはいつ誰(子供)が提供した?

関連記事

  1. 木星の衛星 エウロパ

    天文

    NASAエウロパに水蒸気噴出を確認と発表!雨が降ってる可能性も!

    アメリカ航空宇宙(NASA)は、27日3時(日本時間)からの会見で、木…

  2. なぜスキャパレリは火星に激突したのか?

    天文

    なぜスキャパレリは火星表面に激突?今後の火星観測への影響は?

    母船トレース・ガス・オービターから火星表面に向かったスキャパレリが、火…

  3. プシケ(小惑星)をNASAが地球に運ぶってマジ?それってどんな計画?

    天文

    プシケ(小惑星)をNASAが地球に運ぶってマジ?それってどんな計画?

    小惑星プシケ(16 Psyche)を地球に運んでくる計画をNASA(ア…

  4. TRAPPIST-1の7つの惑星に生命はいる?NASA発表をわかりやすく解説

    天文

    TRAPPIST-1の7つの惑星に生命はいる?NASA発表をわかりやすく解説

    またまた、NASAからわくわくするような発表がありました!2月…

  5. 木星の衛星 エウロパ

    天文

    エウロパにNASAは何を見つけたのか?驚くべき活動の証拠とは?

    アメリカ航空宇宙局NASAが、木星の衛星のひとつであるエウロパ(Eur…

  6. しぶんぎ座流星群2017はいつ見える?時間や方角は?

    天文

    しぶんぎ座流星群2017はいつ見える?時間や方角は?過去動画も紹介

    1年の最初を飾る流星群は「三大流星群」のしぶんぎ座流星群。「三…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 塚本久美(ヒヨリブロート)の経歴は?パンの購入方法や評判も!
  2. 富田京一(肉食爬虫類研究所)の経歴は?意外すぎる仕事内容とは?
  3. 里のカフェはな(鹿沼市)への行き方は?メニューや営業情報も紹介
  4. ファーマーズカフェ菜への行き方は?営業時間やメニューも紹介!
  5. 千葉スペシャル(有楽町・八重洲)の場所は?料金や営業時間も!
  6. 佐藤亜沙美(ブックデザイナー)の作品は?経歴や夫も気になる!

ピックアップ記事

  1. 塚本久美(ヒヨリブロート)の経歴は?パンの購入方法や評判も!…
  2. 富田京一(肉食爬虫類研究所)の経歴は?意外すぎる仕事内容とは…
  3. 里のカフェはな(鹿沼市)への行き方は?メニューや営業情報も紹…
  4. 海外でも大人気の日田下駄ってどんな下駄?買える店や値段も調査…
  5. 後藤啓(虫の音生活)の経歴やおすすめの鳴く虫は?どこで買える…
  6. ファーマーズカフェ菜への行き方は?営業時間やメニューも紹介!…
  7. 千葉スペシャル(有楽町・八重洲)の場所は?料金や営業時間も!…
  8. 佐藤亜沙美(ブックデザイナー)の作品は?経歴や夫も気になる!…
  1. クリスマスのカップル

    クリスマス

    女子高生・女子大生は彼へのクリスマスプレゼントに何を贈る?
  2. プレゼントを手にする女性

    クリスマス

    中高年女性もクリスマスを楽しみたい!プレゼントの交換もしたい!
  3. TEAVANA新定番ビバレッジ ゆずシトラス&ティー

    スターバックス

    TEAVANA新メニューはゆずシトラス&ティー!値段やカロリーは?
  4. 米誌メキシコ版トランプ夫人の表紙になぜ怒りの声?画像も調査!

    社会

    米誌メキシコ版トランプ夫人の表紙になぜ怒りの声?画像も調査!
  5. iPhone7 と Apple Watch Series 2

    ガジェット

    Apple PayでVISAは使える?iPhone7での対応内容の詳細が明らかに…
PAGE TOP