小惑星2014-JO25はいつどの方角に見える?観測に適した場所は?

天文

小惑星2014-JO25はいつどの方角に見える?観測に適した場所は?

「2014 JO25」と呼ばれる小惑星が地球にかなり接近することが話題になっていますね。

この小惑星の接近に関して “衝突の可能性は?”、“極めて危険な” などと煽るようなタイトルの記事も見かけますが、実際のところはどうなんでしょう?

かなり地球に近づくことから、家庭にあるような小さな望遠鏡でも見ることができるとの情報もあり、天文ファンにはちょっとしたイベントになりそうです。

本記事では、「2014 JO25」とはどんな小惑星なのか、最接近時に観測するにはいつどの方角を観れば良いのか、についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

小惑星「2014 JO25」

小惑星「2014 JO25」とは?

小惑星「2014 JO25」は、3年ほど前の2014年5月にカタリナ・スカイ・サーベイ(Catalina Sky Survey)によって発見されました。カタリナ・スカイ・サーベイとは、アリゾナ大学の月惑星研究所 (LPL) が組織的に行っている全天サーベイのことで、地球近傍天体 (NEO) の捜索を主な目的としています。

地球近傍天体(NEO)とは地球の軌道に接近する天体のことで、「2014 JO25」はNEOの中でもアポロ群と呼ばれるグループに属しています。

アポロ群の天体は地球の軌道を横切ることもあり、ときには地球に非常に接近することもあるため要注意です。

アポロ群の軌道

アポロ群の軌道(Wikipediaより)

 
上の図の緑の領域がアポロ群の軌道で、青い線が地球の軌道です。地球の軌道はアポロ群の軌道に含まれていることが分かると思います。

ちなみに、はやぶさが探査に行った「イトカワ」もこのアポロ群に属しています。

小惑星「2014 JO25」の今回の接近について

NASAの発表によると、今回の「2014 JO25」の接近は、地球から180万Kmまで近づくとのことで、これは地球と月の距離の約4.6倍に相当します。

もちろん、衝突の危険などはなく、私たちの生活には何の影響もない訳ですが、このサイズの小惑星としてはかなり近い位置まで近づくということです。下は、NASAが公開している、地球に近づく「2014 JO25」のシミュレーション動画です。意外に、遠くを通過していますね。

「2014 JO25」は直径650mと見積もられており、これは2013年2月にロシアのチェリャビンスク(Chelyabinsk)に落下した隕石の約60倍もの大きさです。

「2014 JO25」の、今回の接近は過去400年で最も地球に近づくもので、また今後500年をみてもこれほど近づくことはない、ということです。「2014 JO25」については、地球に落下することをしばらく心配しなくても良いようですね。

「2014 JO25」の観測

「2014 JO25」は4月19日の21時24分(日本時間)に、地球に最接近するわけですが、日本で観測できるでしょうか?

予報によれば、11等級くらいに明るくなるとのことなので、望遠鏡を持っている人は挑戦してみると良いかもしれません。

見える方角と時間

最接近が4月19日21時24分なので、この前後を狙うのが良いでしょう。下は、22時の「2014 JO25」の見える方角と位置になります(クリックすると拡大します)。

「2014 JO25」4月19日22時の位置

「2014 JO25」4月19日22時の位置

 
高度も十分にあり、また月明かりにも邪魔されないため、条件としては良いと思います。

さらに、「2014 JO25」の付近を拡大したのが下の図です(クリックすると拡大します)。

「2014 JO25」付近の拡大図

「2014 JO25」付近の拡大図

 
こちらも22時の位置を示しています。

注意したいのが、地球に最接近した「2014 JO25」は、月の直径を18分で横切るほどのスピード空を移動していきます。

ここに示した「2014 JO25」の位置は、NASAのデータベースから取得した軌道要素を元に計算し、Mitaka上に表示したものですが、22時から離れた時間の「2014 JO25」の位置はだいぶ異なった位置に見えますし、計算の結果が必ずしも正しいとはかぎりません。

あくまで参考ということでお願いします。

観測に適した場所は?

晴れていれば、日本のどこでも見ることができます。

見える方角としては北東側となるので、この方角に高い建物や明るく光を放つものが無い場所を選ぶと良いと思います。

「2014 JO25」の明るさは11等級と予測されているので、それほど明るいわけではありません。できれば街中ではなく、郊外での観測をお勧めします。

天気が良ければ…

4月19日の天気予報は、全国的に晴れのところが多いようです。

小惑星の接近というちょっとマイナーな「天体ショー」ですし、天体望遠鏡が必要となるため、どなたにも楽しめるという訳には行かなさそうです。

でも、天文ファンを自認する方はぜひ見ておきたいですね。これを見逃すと、次回は500年以上さきですから。

スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. 河合美智子が結婚した峯村純一って?プロフィールや画像の紹介!
  2. 糖質制限おせち料理2017!まだ間に合う美味しい通販サイトはココ
  3. 世界最小級のロケット失敗の原因は?打ち上げの目的は何だった?
  4. ゲス不倫まだ継続中のカップルとは?気になる真相を探る!
  5. 越前屋俵太の芸能活動休止の理由は?活動休止中は何をしていた?

関連記事

  1. 2016年11月14日は68年ぶりのスーパームーン!見える時間や方角は?

    天文

    2016年11月14日は68年ぶりのスーパームーン!見える時間と方角は?

    今年2016年のスーパームーンは11月14日です。今回は特に月…

  2. 木星の衛星 エウロパ

    天文

    エウロパにNASAは何を見つけたのか?驚くべき活動の証拠とは?

    アメリカ航空宇宙局NASAが、木星の衛星のひとつであるエウロパ(Eur…

  3. 木星の衛星 エウロパ

    天文

    NASAエウロパに水蒸気噴出を確認と発表!雨が降ってる可能性も!

    アメリカ航空宇宙(NASA)は、27日3時(日本時間)からの会見で、木…

  4. TRAPPIST-1の7つの惑星に生命はいる?NASA発表をわかりやすく解説

    天文

    TRAPPIST-1の7つの惑星に生命はいる?NASA発表をわかりやすく解説

    またまた、NASAからわくわくするような発表がありました!2月…

  5. しぶんぎ座流星群2017はいつ見える?時間や方角は?

    天文

    しぶんぎ座流星群2017はいつ見える?時間や方角は?過去動画も紹介

    1年の最初を飾る流星群は「三大流星群」のしぶんぎ座流星群。「三…

  6. ふたご座流星群2016年いつ見える?時間や方角は?

    天文

    ふたご座流星群2016はいつ見える?時間や方角は?過去動画も紹介

    毎年たくさんの流星が飛ぶことで有名なふたご座流星群。ふたご座流…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ロジャームーアは何の癌で亡くなった?葬儀はいつどこで行われる?
  2. 黒田福美って在日韓国人なの?プロフィールや反日発言の理由を調査!
  3. 山本一成(ponanza開発者)ってどんな人?美人妻との馴れ初めも調査
  4. 四季の味「やまなか」(小海町)の予約は?店への行き方(ルート)も紹介
  5. 藤山哲人(家電ライター)ってどんな人?プロフィールや家族構成は?
  6. 堀越希実子(團十郎の妻)の実家は?プロフィールや若い頃の画像も!
  7. ほしのあきの最近と昔の画像を比べてみた!活動再開はいつ?
  8. ニットブルマが可愛いと若い女性に人気?本当の評判はどうなの?

ピックアップ記事

  1. ロジャームーアは何の癌で亡くなった?葬儀はいつどこで行われる…
  2. 黒田福美って在日韓国人なの?プロフィールや反日発言の理由を調…
  3. 山本一成(ponanza開発者)ってどんな人?経歴や奥さんと…
  4. 四季の味「やまなか」(小海町)の予約は?店への行き方(ルート…
  5. 藤山哲人(家電ライター)ってどんな人?プロフィールや家族構成…
  6. 堀越希実子(團十郎の妻)の実家は?プロフィールや若い頃の画像…
  7. ほしのあきの最近と昔の画像を比べてみた!活動再開はいつ?
  8. ニットブルマが可愛いと若い女性に人気?本当の評判はどうなの?…
  1. どのくらい酒を飲むとがんになる?グループ1の発がん性物質とは?

    健康と美容

    どのくらい酒を飲むとがんになる?グループ1の発がん性物質とは?
  2. 東山加奈子は婚者していた!長瀬智也との熱愛結婚報道はガセ?

    芸能界

    東山加奈子は婚者していた!長瀬智也との熱愛結婚報道はガセ?
  3. 芸能界

    ロンブー田中亮が狩野英孝を擁護?問題のツイート内容と画像を紹介
  4. 女優森由佳の旦那ってどんな人?馴れ初めや画像についても調査!

    芸能界

    女優森由佳の旦那ってどんな人?馴れ初めや画像についても調査!
  5. アンナ・ポゴリラヤ

    フィギュアスケート

    アンナポゴリラヤとは?経歴と可愛いインスタ画像や動画を紹介!
PAGE TOP