Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

唐田えりかの水着画像はある?出演CMの評判や韓国人の噂も調査!

約6分

ソニー損保のCMでの可愛さが人気を集め、一躍注目を集めた唐田えりかさん。

その後は、バラエティやドラマなどにも出演するようになり、着実にタレント・女優としての道を歩みつつあります。

デビュー間もないころは、透明感“TMK”が半端ないと言われていた美少女も、高校を卒業し今年は二十歳になります。少女っぽさがやや薄れ、ちょっとずつ大人っぽくなっていますね。

プロフィールの紹介とともに、唐田えりかさんについて、噂のいくつかについて調査してみましたのでご紹介します。

唐田えりか

唐田えりか
唐田えりか ©FLaMme

唐田えりかのプロフィール

名前: 唐田えりか(からた えりか)
生年月日: 1997年9月19日(19歳)
出身地: 千葉県
身長: 167cm
血液型: A型
事務所: フラーム(FLaMme)

背が高いですね。全身写真を見ると、足が長く8頭身のモデル体型をしていますね。去年(2016年)の夏頃は、ダイエットをしていると話していましたが、そんな必要のないくらいのスタイルだと思えるんですが…。本人は、脚が気になっている、とのことです。

唐田えりか
8頭身の唐田えりかさん

 
好きな食べ物は味噌ラーメンで、嫌いな食べ物はニンジンだとか。なんだか、小さな子供みたいで微笑ましいです。

好きなスポーツはバドミントン。中学時代にバドミントンをしていたそうです。バドミントンをしている動画を見ても、たしかに「バドミントンをしていた人」のグリップの握り方でしたよ。

小学校から中学まで書道をやっていて、字のうまさは折り紙付き! なんでも、中学まで「準特待生」というの持っていたとのことです。下は、唐田さんが書いた自筆の好きな言葉なのですが、たしかに書道のお手本にあるような読みやすい字ですよね。

唐田えりかの好きな言葉
唐田えりかの好きな言葉(自筆)

[adSense]

唐田えりかに関する噂と真相

ここでは、唐田えりかさんに関する、ネット上でよく見かける噂について調査した結果をご紹介します。

唐田えりかの水着画像はある?

スタイルが良い唐田さんの水着姿、見てみたいと思うのはみなさん同じなのですね。

でも、本人が拒んでいるのか事務所の方針なのか分かりませんが、現在のところ、明らかに水着を着ている画像、というのは無いようです。サンデーの表紙になった、多少露出の多いものでも、この程度です(画像はクリックすると拡大表示されます)。水着の画像は解禁になるまで、今しばらく待ちましょう。

唐田えりか サンデーの表紙
サンデーの表紙を飾った唐田えりかさん

唐田えりかは韓国人なの?

どこからこんな話しが出てくるのか分かりませんが、唐田さんは日本人です。少なくともネットを探して、韓国人であることを伺わせるような情報は見つかりません。

この噂の出どころは、単に、唐田さんが韓国の女性アドルグループ少女時代の曲、「DIVINE(Story ver.)」のMVに出演していたからではないでしょうか。

MV自体も、韓国人であることを思わせるような描写はありませんので、唐田えりかさんが韓国人であるというのは、根も葉もない噂だと思って良いと思います。

唐田えりかのCMの評判は?

唐田えりかさんが、注目を浴びるきっかけとなったソニー損保のCMをあなたはご覧になったことがありますか?

唐田さんのさわやかな笑顔はCMを見る人を惹きつけ、とりこにしてしまう魔力のようなものがありました。

しかし、一方で、唐田さんのセリフや演技が、初々しいと言うにはあまりにも稚拙であることを指摘する声も少なくありません。

唐田さんのアンチファンではないと思いますが、こんな厳しい声もあります。(Yahoo!知恵袋からの抜粋です)

ソニー損保CMの唐田えりかって女の喋りが下手すぎて不愉快です。

下手なタレント?女優?
どっちでも良いのだが、、、、
なんにせよ素人の棒読みを強制的に聞かされるだけで不快な上すこぶる腹が立つ!

同感です。公共の電波で流していいレベルではないと思います。
美しくも可愛くもなく、演技も台詞も素人以下。
前歯の隙間や貧弱な鼻なんか見るに耐えないですよね。

容姿を攻撃してるのはちょっと行き過ぎと感じますが、CMを見てこのように感じた人もいる、ということですね。

こちらがその問題のソニー損保のCMです。あなたはどう思いますか?

唐田さん自身、自分の演技力が足りなかったことは自覚しているんですね。高校を卒業後、上京してからワークショップに通って演技の勉強していたそうですが、オリコンのインタビューで、次のように言ってるんです。

ほかの方の演技を見て、自分がぜんぜんできないことを痛感しました。なにもできない自分が悔しくて、上京してから毎日泣いていました。

でも、

『こえ恋』の出演が決まってからは、できないことを悩むよりも、前を向いて必死にがんばるしかないって気持ちを切り替えて。そこからは泣かなくなりました。

と。

プロの世界に入って、こうした壁にぶつかり、その壁を超えることができなくて消えて行ったタレントさんはたくさんいます。

唐田さんはいまその壁を超えようと頑張っている最中なのでしょう。

徐々に唐田さんのメディアへの露出が増えているのは、彼女の努力が実を結びつつあるってことではないかな、と私は思っています。

今後の成長が楽しみな唐田えりか

女優としては、まだまだこれからたくさん学ぶことがあると思いますが、唐田えりかさんは、事務所の先輩である広末涼子さんや有村架純さんのような誰もが認める女優に成長する予感がします。

今後はさらにメディアへの露出も増え、彼女を見ることが多くなるのではないでしょうか。

陰ながら、唐田えりかさんを応援したいと思います。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE