Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

宮迫の元相方の恵藤憲二ってどんな人?経歴と年収や画像を紹介!

約4分

妊娠・結婚とグループからの卒業を電撃発表したAAAの伊藤千晃の結婚相手が明らかになりました。

当初は、40代実業家の一般男性、とされていましたが、実は「雨上がり決死隊」の宮迫博之とかつてコンビを組んでいたことのある恵藤憲二氏であることが分かりました。

恵藤氏はすでに芸能界から引退しており、実業家としてビジネスの世界で大きな成功を収めています。

本記事では恵藤氏の経歴や年収、画像の紹介し、恵藤氏とはどんな人なのかに迫っていきたいと思います。

恵藤憲二の経歴

恵藤憲二氏
恵藤憲二氏(左)

吉本に在籍していたお笑い芸人

恵藤憲二氏は、かつて吉本興業に所属しており、現在『雨上がり決死隊』として活動する宮迫博之とコンビを組んでいました。コンビ名は『ぴいぷる』。

当時、恵藤氏はラーメン店の経営も行っており、「お笑い」との二束わらじでした。

しかし、親に多額の借金(1億円と言われています)があると明かされ、吉本を辞め仕事はビジネス一本に絞ります。

キャバクラ経営

キャバクラの経営に乗り出すと、10年ほどで全国に100店舗規模のキャバクラグループ「レジャックスホールディングス」を築き上げてしまいます。

現在は、飲食ビジネスの総合企業INSOUホールディングスとして、グループ会社7社全体で売上高300億円もの巨大な会社に成長しています。

なお、恵藤氏はこのキャバクラグループを2012年末に売却しています。

アパレル他、数々の投資事業へ

2005年にはMARK STYLER(マークスタイラー)という会社は、若い女性に人気となる数々のファッションブランドを展開し、一部で絶大なる支持を得ています。

売上高は91億円(2010年3月期)、163億円(11年3月期)、273億円(12年3月期)、341億円(13年3月期)、370億円(14年3月期)と右肩上がりで、当時「アパレル業界の新星」として期待されていました。

MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」、「EMODA(エモダ)」、「MURUA(ムルーア)」、「dazzlin(ダズリン)」等は、あなたも名前を聞いたことがあるかもしれませんね。

アパレルだけでなく、恵藤氏はパリで人気のセレクトショップ「L’ECLAIREUR (レクレルール) 」、世界中のセレブリティ御用達となっているアメリカのセレクトショップ「Fred Segal(フレッドシーガル)」などの店舗も手がけてきています。

また、フランスの雑誌『ELLE』とライセンス契約を結んで、日本にELLE Cafeをオープンするなどの活動を行っています。

[adSense]

引退?

恵藤氏は2014年9月16日に同社の代表取締役会長を退任します。

マークスタイラーが順調に売り上げが伸ばしている中での退任は驚きをもって受け止められましたが、実情は売上ほど利益が伸びていなかったとの話もあります。

マークスタイラーは、その後中国資本に売却されます。売却価格は日本経済新聞によると60~80億円とのことでした。

このうちどのくらいが恵藤氏に入ったのかは分かりませんが、マークスタイラーの創業者でもあるので、相当な額が恵藤氏のものとなったはずです。

恵藤氏のマークスタイラー代表取締役からの退任は、事実上ビジネスから引退と見られています。少なくとも退任後、表舞台には表れていません。

次の大きなビジネスのために充電の最中なのかもしれませんが、すでに巨大な資産を築き上げているので、若い奥さんである伊藤千晃とともに、悠悠自適の生活を送るのかもしれません。

まとめ

AAA伊藤千晃の結婚相手である恵藤憲二氏について、経歴や年収、画像をご紹介しました。

恵藤氏は、吉本元芸人ナンバー1の成功者と言われています。これまでの経歴を見れば、これは十分に納得できます。

恵藤氏は

お笑い芸人を辞めて良かったですね。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)