Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

佐々木クリスの多彩な才能に驚愕!経歴や身長と家族についても調査

約5分

佐々木クリスさんをご存知でしょうか?

WOWWOWが放送しているNBA(National BAsketball Association)の試合中継で同時通訳している人?

bjリーグの千葉ジェッツでプレーしてたプロ・バスケットプレイヤー?

バスケアニメ「DEAR BOYS」のエンディングを歌ってた歌手?

そう、全部、佐々木クリス(36歳)さんなんです。

今回は、さまざな分野で活躍する、多彩な才能を持った佐々木クリスさんをご紹介したいと思います。

佐々木クリスってどんな人?

佐々木クリスのプロフィールと家族

佐々木さんは、1980年12月24日に、ニューヨークで生まれました。

父親は日本人、母親は米国人のハーフで、本名は、佐々木・レノン・クリス(Chris Lennon Sasaki)。ミドルネームの “レノン” は、ジョン・レノン(John Lennon)好きの父親が名付けたのだそうです。

4歳半まで米国で過ごし、その後は東京で過ごしました。もちろん、バイリンガルで日本語と英語が話せます。

身長178cm、体重75kg。ガッチリとした筋肉質の体をしています(身長は、176cmという情報もあります)。

出身校は、小学校から順に、八成小学校、二子玉川小学校(転校したのでしょうか)、桜美林中学校、桜美林高等学校、青山学院大学、となります。

中学までは甲子園を目指していましたが、高校時代にバスケットに転向し、大学在学中にはインカレ、関東トーナメントに優勝、全日本学生選手権優勝という素晴らしい成績を残しています。

[adSense]

佐々木クリスの経歴

ビックリするくらい多才で、どの分野でも水準以上の実力を示す佐々木クリスさんの経歴についてご紹介しまっしょう。

プロバスケットボール選手

佐々木クリス@バスケットボール
佐々木クリス@バスケットボール ©DJ MIKO

 
ストリート・バスケットボールでは、「FAR EAST BALLERS」「LEGEND」「HOOPERS」で活躍。特に、「FAR EAST BALLERS」は日本初のプロ・ストリート・バスケットチームであり、佐々木さんはその基盤づくりに貢献しています。

bjリーグでは、千葉ジェッツ(2011~2012)、東京サンレーヴス(2012~2013)で活躍していました。

千葉ジェッツ時代にはあまり出場する機会がなかったものの、東京サンレーヴスでは全試合への出場を記録しています。

歌手

佐々木クリス@歌手
佐々木クリス@歌手 ©DJ MIKO

 
高校生の頃からラップ音楽に傾倒し始め、英語で歌詞を書いていました。大学3年生のときに、DJ MASTERKEYに出会い、さらにラップミュージシャンとしての活動が広がっていきます。

デビュー曲は、テレビ東京系アニメ「DEAR BOYS」のエンディング・テーマ『Ballerの章号』。作詞と歌はCHRIS、作曲・編曲はDJ MASTERKEYです。

ちなみに、歌手としては「佐々木クリス」ではなく、「CHRIS」名義で活動しています。

ミニアルバム「Love me or not」(2003年、『Ballerの章号』収録)、アルバム「暁けの明星」(2004年)、「LENNON」(2007年)を発表するほか、ラッパーとして「The Definition vol.1&2」、「Diamond City Collection」のMIX CDも発表しています。

リポーター、MC、VJ

佐々木クリス@リポーター
佐々木クリス@リポーター ©VOICE WORKS

 
佐々木クリスさんはボイスワークスに所属しており、リポーターとしても活動しています。

冒頭でご紹介しましたように、WOWWOWで放送されるNBAの試合中継では、佐々木さんが同時通訳をしていますし、2011~2012シーズンファイナルでは、試合会場でリポートをしています。

バスケットバールの試合の同時通訳は、バスケットボールに関する深い知識と、日英両方の言葉に堪能でないと難しく、プロ・バスケットプレーヤーであった佐々木さんにピッタリの仕事ですよね。

千葉テレビでは、情報番組『ハピはぴ・モーニング〜ハピモ〜』で、月曜日に「クリスのコレミテ」というコーナーを担当していました(2011年4月~2013年3月)。

さらに、MTV JAPANで「MTV US TOP20」や「MTV INTERNATIONAL TOP30」等でVJも担当するなど、このほかにもさまざまなTV番組に出演しています。

モデル

佐々木クリスさんは、精悍なイケメンでもあります。なので、モデルとして活躍もしています。

2010年の「NIKE SPORTS WEAR 秋/冬ライン」カタログでモデルを務めたり、2008年には、米国のHIPOHOP雑誌「XXL」で “KONVICT CLOSING” の巻頭広告モデルを務めたりもしています。

マルチな才能を持った佐々木クリスにビックリ

佐々木クリスさんのさまざな才能についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

こんなにも多彩な才能を持ち、それぞれの分野の第一線で活躍できるなんて、凄い!では言い表せないくらい「スゴイ」ですね。

そんな佐々木さんも36歳ということで、精悍なスポーツマンタイプのイケメンですし、彼女または奥さんが居てもおかしくないわけですが、調べた範囲では恋人や結婚しているかどうかの確かな情報は見つけられませんでした。

こちらについては、何か分かり次第追記したいと思います。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)