Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

修羅場計画のとりしも先生が死去!死因や最近の活動について調査!

約4分

『撲殺天使ドクロちゃん』や『森口織人の陰陽道』のイラストで知られるイラストレーターのとりしも先生が、2月20日に亡くなっていたことが分かりました。

『撲殺天使ドクロちゃん』が14年前に刊行されて以降、独特な「やわらかそうな」女の子を描くとりしも先生には多くのはファンがおり、突然の訃報に悲しみや哀悼の意を表すTweetが相次いでいます。

とりしも先生

とりしも先生の訃報

とりしも先生の訃報は、3月3日に、“Mirageさんの鉄道・放送系同人コピー誌個人サークル「県央高速交通」の情報公開代行をして” いるサイト「県央高速交通雑記帳代理店」(管理者:広坂兼六氏)に、

県央高速交通活動初期の委託先であったサークル「修羅場計画」のサークル主で、
イラストレーターのとりしも先生が去る2月20日、急逝されました。

と掲載されたことにより、多くのファンに知られることになりました。

しかし、とりしも先生が亡くなられた2月20日に、広坂氏は次のようなTweetを投稿しており、修羅場計画やとりしも先生と広坂氏との関係を知っているファンは先生の訃報を知っていたと思われます。

葬儀に出席された方のTweetによれば、葬儀は24日に執り行われた、というこです。

とりしも先生の死因は?

先生の死因については、現在のところ明らかにされていません。

とりしも先生の死を悼むTweetの中には、

のようなものがあり、まだまだ活躍が期待される年齢であったことが伺われます。

とりしも先生は新潟県の出身で東京で仕事をされていました。

しかし、広坂氏のTweetに『近年帰郷されていたのですが』とあり、何らかの病を得て、療養のために帰郷していた可能性もありますが、帰郷と死因とに関係があるのかどうかは不明です。

広坂氏は “急逝” されたとサイトに書かれていますので、心筋梗塞や動脈瘤破裂などが考えられますが、これも推測でしかありません。

とりしも先生の最近

とりしも先生の運営していたサイト「Unplanned Plot」によれば、公開されているもっとも最近の活動の情報としては、昨年のコミケ91への参加の告知が最後となっています。

そこには、先生が主宰するサークル「修羅場計画」の頒布予定物として、次の作品があげられています。

  • 一応新刊/『ゆかりかわいい本。準備号』成人向、コピー誌
    水本ゆかり本。完成間に合わなかったので途中まで版となります。ごめんなさい。
  • 既刊/『タ、タイを引っ張ったらほどけてしまいますっ…』成人向、B5サイズ・16ページ、300円

『タ、タイを引っ張ったら…』のイラストは、本記事のヘッダに使わせていただいています。

『ゆかりかわいい本。準備号』のイラストは、見つかったものがここに掲載できるモノではなかったのでお見せできません(^^;

ご冥福をお祈りいたします

まだまだ、活躍が期待されながら亡くなったとりしも先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE