Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

石井裕(県境マニア)の意外な前職とは?プロフィールや経歴も調査!

約6分

県境を跨ぐことに至高の喜びを感じるという石井裕さんは、これまでに500以上の県境を跨いできたといいます。

ご自身のことを、県境に関してはもう病気、とまで言い、同類の県境マニアのため(?)の本まで出してしまっています。

確かに、県境マニアでない私でも、高速道路を走っているとき県境にある「○○県」という標識をみると、なんとく嬉しいような、楽しいような気持になることはあります。

でも、石井さんのように、県境で反復横跳びをしたりはしません(笑)。

石井さんは、今年(2017年)から個人事業主として独立され、文筆活動を中心に講演を行なったり、ワークショップを開いたりしています。

本記事では、石井さんの意外な前職などプロフィールや経歴についてご紹介したいと思います。

県境に魅入られた男 石井裕

県境マニア 石井裕さん
県境マニア 石井裕さん
出典: イケカツ~池袋朝活会

石井裕のプロフィール・経歴

名前: 石井裕 (いしい ゆたか)
生年月日: 1979年9月15日([birth day=’19790915′]歳)
出身地: 新潟県新発田市
高校: 新発田高等学校(1998年卒業)
大学: 東北大学 工学部電気工学科(2002年卒業)
大学院: 東北大学大学院 工学研究科 電気・通信工学専攻(2004年卒業)
職業: 文筆業(2017年2月2日から)

大学時代は(意外にも?)スピードスケートをしていました。

県境以外ではプロレスが好きで、休日はプロレス観戦をしたり、YouTubeで昔のプロレスを観たりしているそうです。

三沢光晴や小橋建太の大ファンで、特に小橋建太の試合は何度観ても号泣するとのこと。う~ん、よほど小橋選手ことが好きなんですねぇ。

またドラえもんが好きで、尊敬できる人に「ドラえもん」や「野比のび太」の名前をあげています。

県境が大好き!

さて、石井さんの県境好きですが、なぜ県境が好きになったのでしょう?

その理由は、ご本人によると説明が難しいとのこと。ただ、左右の足が別々の県に立っていることは、別々の空間に立っているような気がして、とてもテンションが上がるのだそうです。

どのくらい県境が好きなのかと言うと、次のBerry’Cafeに掲載されている石井さんのプロフィールを見ていただくと、その「好きさ」が分かると思います。

  • 好きな場所は、もちろん県境
  • 自分が一番輝く瞬間は、県境を跨ぐ瞬間!
  • 好きな季節は秋、なぜなら県境の紅葉が綺麗だから
  • とっておきの時間の過ごし方は、県境好きの人と県境探訪すること
  • 好きな人と出会いたい場所は、やっぱり県境

まだまだ、県境に絡む回答が続くのですが、これくらいにしておきたいと思います。

県境マニア! 日本全国びっくり珍スポットの旅

この『県境マニア! 日本全国びっくり珍スポットの旅』は、2009年に武田ランダムハウスジャパンから出版されました。

石井さんが実際に訪れた、全国30カ所の県境スポットが写真付きで解説されています。

現在は、売り切れの所が多いのですが、探すとまだ購入できるところがあるかもしれません。

もしかしたら、石井さんの『マツコの知らない世界』への出演をきっかけに増刷されるかもしれませんね。

追記
コメントいただきました方から教えていただきましたが、『県境マニア! 日本全国びっくり珍スポットの旅』は出版社である「武田ランダムハウスジャパン」が2012年に倒産してしまっているんですね。残念ですが、中古品以外で入手は難しいかもしれません。

石井裕の意外な前職

石井裕さんは、文筆業で独立する前はJ-POWER(電源開発会社)に勤務されていました。

J-POWERは簡単に言うと、全国の発電所で電気をつくり、その電気を各地の電力会社に売っている会社です。

石井さんはJ-POWERにおいて、大学・大学院時代に学んだ知識を活かし、原子力発電所の運転業務・建設準備業務、電気設備設計業務などを担当してきました。

業務に必要なためでしょう、石川さんは第一種放射線取扱主任者、エネルギー管理士の資格も持っています。どちらも合格率が3割程度の難しい試験なんですよ。

J-POWER時代の石川裕さん
J-POWER時代の石川裕さん
出典: J-POWER

 
J-POWERの2018年度の新卒向けPRページで、石川さんがご自身が携わった業務などについて語っています。

J-POWERを選んだ理由や、オフタイムの過ごし方、印象に残る仕事について書かれた内容を読むと、なんだか石川さんがスゴくカッコよく思えてきます。

[adSense]

石井裕の現在の活動

小説家 石井裕

石川さんは、今年から文筆業として独立しましたが、先に上げた『県境マニア!』以外の本は出していないようです。

小説は、2本ほど完結させた長編小説があるようです(『【講師インタビュー】 県境マニア 石井裕講』イケカツ~池袋朝活会)。

1本は『永遠の愛が叶うなら』という作品。もう1本は賞に応募しているため詳細が明かされていません。

出典が3年前のインタビュー記事ですので、現在はもっと作品数も増えているかもしれませんが、「石井裕」名義の小説は見つかりませんでした。

現在、人の未来を描く長編の小説の推敲中とのことで、近々発表があるかもしれませんね。

いわゆる小説とは異なりますが、『世界でたった一つのサクセスストーリー』というサービス(?)も行っていらっしゃいます。ちょっと今までになかったサービスで、なかなか面白いと思います。

ブログ開設コンサルタント(?) 石井裕

石井裕さん
石井裕さん
出典: 解放デビュー

 
石井さんはWordPressを使ったブログの開設についてのコンサルも行っています。

WordPressの使い方やブログの書き方といった、初心者がつまづきそうな部分について、懇切丁寧に教えています。

現在住んでいる青森では、ブログ運営者による座談会なども開催しており、普段は聞けないブログ運営に関わる裏側の話などもされているようです。

石井さんのコンサルについて興味のある方はこちらから詳細を確認してみてくださいね。

まとめ

私は趣味の関係でよく山の中へ車で出かけて行きます。県境を越えることはこれまでに何度もあったはずです。が、山道を走りながら県境を意識したことはほとんどありませんでした。

夜間、照明の無い道を走ることも多いため、看板に気づいてないことが多いのだと思います。

これからは県境を示す看板に、道から転落しない程度に気を配ろうかな、と思います。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. >もしかしたら、石井さんの『マツコの知らない世界』への出演をきっかけに増刷されるかもしれませんね。
    どこも在庫がないのは出版社が倒産したからですよ。

    • > 境界協会さん

      こんばんは!
      確かに出版社はずいぶん前に倒産していました。私の調査不足ですね。
      情報提供、ありがとうございました。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE