Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

【リオ五輪】男子400mリレー決勝でアメリカが失格となった理由は?

約5分

男子400mリレーで日本がなんと2位となり銀メダルを獲得しました!

オリンピック陸上競技で銀メダルを獲得したのは、1928年のアムステルダム大会で人見絹江選手(女性)が800mで銀メダルを取って以来88年ぶりだということです。そして男子では日本初ということです!

ゴールした時点では、1位ジャマイカ、2位日本、3位アメリカ、という順位でした。

生中継を見ていた私は、アメリカに勝っての2位にものすごく興奮してしまいました(苦笑

しかし、レース後まもなくアメリカが失格とされ、3位はカナダとされました。

え!? どうしてアメリカは失格なの?

400mリレー、アメリカの失格理由

アメリカチームの走者は、

  1. マイク・ロジャー(Mike Rodgers)
  2. ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin)
  3. タイソン・ゲイ(Tyson Gay)
  4. トレイボン・ブロメル(Trayvon Bromell)

いったいどの選手がどんな違反を犯したというのでしょう。

生中継とその後のリプレイは何度も見ていますが、ほかの選手が走るのを邪魔したとか、あきらかに見て分かるような違反行為はなかったように思います。

男子400mリレーは、明確な理由が示される間もなく放送が終了してしまったため、公式な理由がまだわかっていません。

ハンドオーバー違反?

現在分かっているところでは、アメリカの失格理由は「ハンドオーバー違反(handover violation)」が原因ではないかということです。

ハンドオーバー違反(handover violation)
リレーでは、走者から次の走者にバトンを渡すとき、ある一定の範囲内で行うように定められています。この領域をテイクオーバーゾーン(take-over zone)と言います。

テイクオーバーゾーン内でバトンを渡せなかった場合、つまりテイクオーバーゾーンの手前で、あるいはテイクオーバーゾーンを過ぎてからバトンを渡した場合はハンドオーバー違反とされるのです。

国際陸上競技連盟 IAAF(International Association of Athletics Federations)からは、アメリカの失格は“exchange zone violation(交換ゾーン違反)”(「exchange zone」は「take-over zone」と同じ)という話が出ているそうです。

早すぎたバトンパス

男子400mリレーのリプレイをチェックしたイギリスの新聞社によると、

Just looking at the replay, it looks as though USA made an early pass, between Mike Rodgers and Gatlin. We think.
(リプレイを見ただけだけど、アメリカは、マイク・ロジャーからガトリンへのバトンパスが早すぎるようだ。)

と言っています。

これに対してガトリンはNBCに、

We did the best we could do. I felt like it was a clean exchange, no bobbles. I’m proud of my team-mates, and if my federation wants to go out and protest then they can do so, but I’m proud of my guys.
(俺たちは最善を尽くしたよ。問題のないバトンパスをしたし、ヘマなんてしてないさ。俺はチームメイトを誇りに思っているし、我が国の連盟は抗議したければばそうできる。でも、俺は仲間を誇りに思ってるよ。)

と、彼の心境を語っています。

トリニダードトバゴも失格に

この男子400mリレーでは、アメリカのほかにトリニダードトバゴ(Trinidado and Tobago)も失格となっています。理由は“lane violation(レーン違反)”です。

“lane violation”というのは、自分のレーンからはみ出して走ったり、コーナーをショートカットして走るような行為のことです。

じつはトリニダードトバゴは、すでに男子1600m(4x400m)リレーがこの“lane violation”によって失格となっていますので、これで二度目の“lane violation”ということになります。

今回の男子400mリレーでは、決勝進出8か国のうち2か国が失格してしまったのですね。決勝の舞台でちょっと残念でした。

頑張れアメリカ!

私が覚えている、以前のアメリカは男子400mリレーでも断トツの速さを誇っていました。それが今大会では日本に負け、おまけ失格という結果。なんだかとても悲しいです。

日本が銀メダルをとったのはとても嬉しいのですが、アメリカのことも心配です。

最後に、あえてこう言わせていただきましょう。

がんばれ、アメリカ!

そして、

ニッポン、銀メダル獲得おめでとう!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE