Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

【リオパラ五輪】鈴木孝幸は英国から金メダルへスタートダッシュ

約5分

リオ大会で4回目のパラリンピック出場となる鈴木孝幸さん(29歳)。

鈴木さんは、両足と右手を欠損しているという重い障がいを持っています。しかし、競泳でより速くより強くなるために生活拠点をイギリスに移すなどたいへん積極的で行動力のある選手です。

本記事では、イギリスへ拠点を移した理由やそこでのトレーニングについてご紹介したいと思います。

鈴木孝幸がイギリスに行った理由

定期的な環境の変化

鈴木孝幸さんはパラリンピックはアテネ大会から参加されていますが、生活環境がちょうど4年ごとに切り替わって、それが良い刺激になっていたといいます。

しかし社会人になったあとの北京大会以降は、そのような定期的な環境の変化もなく、またコーチを変えるということもしませんでした。

そのためトレーニングでも大きな変化がなくなり、自分に対して継続的な刺激を与えるということができなくなってしまった、といいます。

何か大きなことに取り組むとき、落ち着いた環境でじっくり集中したいと思う人もいますが、鈴木さんは環境を変えてつねに自分に刺激を与え続けていくことを好むタイプなのですね。

鈴木孝幸選手
© GOLDWIN

イギリスへの留学

鈴木さんは北京以降の“停滞”を脱するために、イギリスへ留学することを決意します。

イギリスへ来て、生活環境は大きく変わり、コーチも変わってトレーニングもまったくと言って良いほど変わったといいます。

どんなところが違うか?

例えばトレーニング施設は、プール、ジム、マッサージなどのケア施設、フィジオ(理学療法士)が全部ひとつの建物入っているため、移動が少なく使いやすいということです。

これが日本だと、それぞれが別々の場所にあったため、各施設間を車を使って移動しなければならなかったようです。

ガラッと変わったイギリスの環境で、タイムをキープできていること、とくに平泳ぎでは北京大会以降出せていなかった49秒台前半というタイムが出せたことなどから、『ここでのトレーニングは間違っていなかった』ことを確認できたそうです。

また、このことが自身にもつながり、気持ちの面でもポジティブでいられるようになったとも言っています。

イギリスに移ったことで、すべてが好転しているようです。やはり行動力は大切ですね!

[adSense]

鈴木孝幸のスタートダッシュ

イギリスへでのトレーニング

鈴木孝幸さんの持ち味は平泳ぎでのスタートダッシュです。

スタートからの勢いを最大限に活かすため、飛び込んでからの15mのスピードアップに取り組んでいるそうです。

また、150m個人メドレーではレース後半に苦しくなってくる場面でスピードを落とさず、追い上げができるよう取り組んでいるということです。

昨年のグラスゴーでの世界選手権の50m平泳ぎは、予選ではトップのタイムを出していながら、本線では惜しくもでした。

鈴木さんはその原因を体力不足と分析しています。イギリスに来てから、少し泳ぐ量が減り、一週間以上ある大きな大会で全レースを泳ぎ切るだけの体力が少し欠けていたのではないか、と言っています。

もちろん、リオパラリンピックではこのようなことのないようハードな泳ぎ込みをするなど対策はしっかり行っています。

鈴木孝幸選手
© GOLDWIN

鈴木孝幸の経歴

生まれ1987年1月23日(29歳)、静岡県浜松市
所属GOLDWIN
サイズ身長 -/体重 –
クラスS5、SB3、SM4
ニックネームすずき、すーさん、たか

成績

2004年アテネパラリンピック100m自由形(S5) 7位
150m個人メドレー(SM4) 8位
4x50mリレー(20pts) 4位
4x50mメドレーリレー(20pts) 銀メダル
2008年北京パラリンピック100m自由形(S5) 7位
200m自由形(S5) 6位
50m平泳ぎ(SB3) 金メダル
150m個人メドレー(SM4)銅メダル
2012年ロンドンパラリンピック100m自由形(S5) 8位
50m平泳ぎ(SB3) 銅メダル
150m個人メドレー(SM4)銅メダル
2014年アジアパラ競技大会
韓国・仁川
50m自由形(S5) 2位
100m自由形(S5) 2位
200m自由形(S5) 3位
50m平泳ぎ(SB3) 1位
2015年ドイツオープン大会
ドイツ・ベルリン
150m個人メドレー(SM4)2位
2015年世界選手権大会
イギリス・グラスゴー
50m平泳ぎ(SB3) 2位
150m個人メドレー(SM4)5位
2015年ジャパンパラ水泳競技大会
東京
50m自由形(S5) 1位
100m自由形(S5) 1位

鈴木孝幸の出場種目

9/8(土)23:24~200m 自由形S5予選
9/12(月)21:59~150m 個人メドレーSM4予選
9/14(水)23:17~50m 平泳ぎSB3予選
9/17(土)22:48~10m 自由形S5予選

※ 日時は日本時間です。試合日時は変更になる場合があります。

まとめ

本記事では、鈴木孝幸さんについて

  • イギリスに拠点を移した理由
  • スタートダッシュを実現するトレーニング
  • 経歴と成績

についてご紹介しました。

最後に、鈴木孝幸さんがリオパラリンピック代表に決まったときに発表したメッセージをご紹介したいと思います。

鈴木孝幸選手

常日頃から応援してくださりありがとうございます。この度正式に4度目となるパラリンピック日本代表に選出して頂きました。
2013年からはイギリスに練習拠点を置きトレーニングをしており、その成果も出せてきています。
リオデジャネイロパラリンピックでは、ロンドン大会で獲れなかった金メダルを獲得したいと思います。
ブラジルで行われますので、ライブで観る事は難しいかもしれませんが、ぜひとも様々な報道機関を通じて多くの方に観て頂けたら嬉しく思います。今後とも変わらぬご声援の程、宜しくお願い致します。

鈴木孝幸さん、頑張ってください!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE