Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

電動アシスト自転車A-BIKE ELECTRICの評判や価格は?どこで買える?

約7分

今回は、電動アシスト自転車「A-BIKE ELECTRIC」をご紹介しましょう。

電動バイクなどと呼ばれることともあるため、ScootManUPQ BIKE me01と同様に免許やヘルメットの着用が必要な「原付き」と思っている人もいるようですが、A-BIKE ELECTRICは自転車です。

楽天では電動アシスト自転車の部門で売り上げランキング1位になったこともあるA-BIKE ELECTRIC。

購入を検討している方のために、その乗り心地などの評判や価格、購入可能な場所と注意点についてご紹介いたします。

電動アシスト自転車 A-BIKE ELECTRIC

A-BIKE ELECTRICは自転車

大きさや形状(小さな車輪に細いフレーム)がなんとなく似ていますが、A-BIKE ELECTRICはれっきとした自転車です。

自転車なので、もちろん運転免許は必要ありませんし、乗るときにヘルメットの着用も義務付けられていません。ScootManやUPQ BIKE me01に比べてずっと気軽に乗れるのがA-BIKE ELECTRICです。

A-BIKE ELECTRICの仕様

サイズ

実はA-Bike Cityという、折り畳み式のコンパクトな自転車があり、これに電動アシスト機能を付けたものがA-BIKE ELECTRICである、と考えても良いでしょう。

下の画像は、A-Bike(City)のものですが、A-BIKE ELECTRICでもほぼ同じサイズと考えて良いです。

A-BIKE ELECTRICのサイズ
A-BIKE ELECTRICのサイズ(1)

A-BIKE ELECTRICのサイズ
A-BIKE ELECTRICのサイズ(2)

人間と一緒に並べてみると、こんな感じ。

人とA-BIKE ELECTRIC
人とA-BIKE ELECTRIC ©えん乗り

 
ScootManやUPQ BIKE me01と比べると、フレームがA-BIKE ELECTRICの方が細いため、ずっとコンパクトな印象があります。

重さ

重さは、自転車本体が約10.5kg、バッテリーが約1.8kg。全体で約12kgと、少し前のママチャリくらいの重さがあります。意外に重いんですね。

持ち物を込みで、重さ約100kgまでの人が乗れます。それ以上の重さだと、スピードが出ないとか、航続距離が短くなるとかだけでなく、モーターに過度の負荷がかかり、モーターが壊れてしまう可能性があるので注意が必要です。

バッテリーと航続距離

バッテリーは、フル充電に約3時間かかり、フル充電の状態で約20km走ることができます。もちろん、路面の状況やどのくらい自分で漕ぐのか、によっても変わってきます。

「原付き」の電動バイクと異なりバッテリー容量が小さいため、例えばUPQ BIKE me01に比べフル充電の状態でも走れる距離は半分程度になります。

もちろん、A-BIKE ELECTRICは自転車なので、バッテリーが切れても走れなくなるということはなく、電動アシストが効かなくなるだけです。

後輪のタイプ

A-BIKE ELECTRICの面白いところとして、購入時に後輪のタイプ(ノーパンクタイヤかエアータイヤ)を選択することができます。

ノーパンクタイヤとは、文字通りパックしないタイヤで、極端な言い方をすれば三輪車についてるような堅いタイヤと思って良いです。乗り心地は… 良くありません。

エアータイヤには中にチューブが入っており、尖ったものを踏んだり、段差に強くぶつければパンクしてしまいますが、乗り心地に優れています。

ちなみに、前輪はノーパンクタイヤのみです。

A-BIKE ELECTRICの価格

価格は、ずばり146,340円(税込)です。

電動アシスト機能のないA Bike Cityが68,000円(税込)ですので、倍以上の価格となっています。

たとえば、UPQ BIKE me01は、137,160円(税込)という価格であることを考えても、かなり高価格と言って良いと思います。

A-BIKE ELECTRICはどこで買える?

A-bikeの日本正規代理店、Dear My Friend(ディアマイフレンド)から購入することが可能です。楽天、アマゾンから買うことも可能ですので、下記にリンクを張っておきます。

その他、

FMサイクルサイクル
千葉県船橋市本中山3-17-8 TEL:047-333-5595

からも購入できることが、上記サイトに記載されています。

A-BIKE ELECTRIC購入時の注意点

人気のある商品であるため、仕方のないことなのですが、どうやらA-BIKE ELECTRICのニセモノが出回っているようなのです。

私自身、そのようなニセモノの販売サイトを確認したわけでないのですが、ニセモノを購入してしまったという人の話しをチラホラネット上で見ることあります。

AmazonでもA-BIKE ELECTRICの取り扱いがあり、探してみるとA-BIKE ELECTRICを販売しているサイトが見つかると思います。残念ながら、どの店が本物のA-BIKE ELECTRICを売っていて、どの店がニセモノを売っているかを知ることはできません。

一番確実なのは、正規代理店から購入することです。つまりDear My Friendから購入するのがもっとも安全だとういことです。

決して安くない買い物です。購入後、ガッカリしないようにしてください。

A-BIKE ELECTRICの評判は?

さて、ここで、実際にA-BIKE ELECTRICを購入した人が、どのような感想を持っているのかご紹介したいと思います。あなたが購入する際の参考にしてください。

良い点

デザインがとてもかっこいい

デザインを褒める人が結構います。

デザインは人それぞれの好みにも依りますので、一概に言えないと思いますが、良いデザインだと思う人がかなりいる、ということですね。

畳むとコンパクト

畳んだA-BIKE ELECTRICを手にもって電車に乗ったり、駐輪場がないのでオフィスに持ち込んで机の下に置いたり、と小さくなること、持ち運べることを評価しているひとが多いようです。

悪い点

バッテリーが持たない

意外にバッテリーが早く切れてしまうことを上げている人が多いようです。

バッテリーサイズが巨大(?)であるにも関わらず、あまりバッテリーが持たないことに不満を持っている人や、予備バッテリーのためにバッテリー単品の販売を望む人などがいます。

乗り心地が悪い

路面の悪いところでは、振動が直に伝わってきて、乗り心地が悪いということを上げている人が多くいます。

これは、乗り心地に不利なノーパンクタイヤを後輪に選んだ人に多い意見であすが、ノーパンクタイヤ固定の前輪からの衝撃・振動の強さを上げている人もいました。

基本的には、路面の状態の良いところで乗る、と割り切っているひともいました。

1台、いかがですか?

今回は、電動アシスト自転車A-BIKE ELECTRICについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

A-BIKE ELECTRICは自転車ながら、原付き電動バイクを上回る価格設定ですが、人気も高くおおむね評判も良い電動アシスト自転車です。

ヘルメットを被らず、気軽に乗れるコンパクトな電動自転車が欲しい方は、A-BIKE ELECTRICを検討してみてはいかがでしょう。

 
[clink url=”https://topiclouds.net/gadgets/scootman-compact-electric-motor-scooter/”]

[clink url=”https://topiclouds.net/gadgets/upq-bike-me01/”]
 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)