Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

Apple Payは10月25日のiOS10.1リリースで!乗り換え案内機能も!

約4分

いよいよApple Payが利用できるようになります!

複数の情報筋によると10月25日にiOS10.1がリリースされることがほぼ決まっており、このタイミングでApple Payのサービスも始まります。

本記事では、Apple PayのほかにiOS10.1で新たに利用可能となる乗り換え案内やその他機能についてご紹介します。

iOS10.1のリリースは10月25日!?

マイナビニュースや、JR東日本のモバイルSuicaの臨時メンテナンス(後述)などから見て、iOS10.1のリリースは、ほぼ10月25日で決定!のようです。

iOS10.1でApple Payが利用可能に

iOS10.1の新機能うちもっとも期待されているのが、Apple Payのサービスが始まることでしょう。

Apple Payのサービス開始は、これまで「10月下旬」と言われていましたが10月25日からサービス開始となります。

この根拠の大きな理由のひとつして、JR東日本のモバイルSuicaが臨時ののシステムメンテナンスを10月25日行うと、告知していることが上げられます。

サービス停止予定日時 2016年10月25日(火)
午前1:00~午前4:00まで
ご利用いただけないサービス 「入金(チャージ)」「銀行チャージ」「キャリア決済」「オートチャージ申込/変更/停止」「ネット決済・Suicaポケットの受取り」「ビュー・エクスプレス特約申込・解除」「会員情報変更(携帯・クレカ・基本情報)」「機種変更手続き」「EX-IC利用登録」「会員登録(入会)」

※チャージ済の「SF(電子マネー)」・店舗等での現金による入金(チャージ)・オートチャージは、通常どおりご利用になれます。

このようなシステムメンテナンスが行われるということは、もうこれはApple Payへの対応がこの日時に行われるとみて間違いないでしょう。

乗り換え案内機能がサポートされる

Apple Pay以外の大きな機能追加としては、Apple Mapでの乗り換え案内機能があります。

テストユーザーに配布されているiOS10.1 Betaでは有効にされおり、おそらくiOS10.1で正式に利用可能になると思われます。

下記は、Ata Distanceに掲載されていたスナップショットです。

デザインも良く見やすくて、こちらも大いに期待できそうですよね!

[adSense]

iOS10.1でのその他の変更点

あの裏技が使えなくなる

ご存知の方は便利に利用していると思いますが、カメラやスクリーンショットの音を消すための裏技がどうやらiOS10.1では使えなくなるようです。

iOS10では、これまで以上にシャッター音やスクリーンショット音が大きくなっていたこともあり、多くの人が裏技を利用していました。

この裏技が、iOS10.1 Betaでは使えなくなっていることが確認されており、おそらくiOS10.1においても同様であると思われます。

まぁ、裏技なので、いつかは対策されてしまうかな、と思っていましたが、意外に早くその機会がやってきてしまいました。

この裏技を使いたいがために、10.1へのアップデートを見送る、なんて人も出てきそうですね。

被写体深度エフェクトが利用可能に(iPhone7 Plus)

これはデュアルレンズカメラを搭載しているiPhone7 Plusでの追加機能となります。

被写体深度エフェクトとは、「被写界深度エフェクトにより、背景をきれいにぼかし、被写体にピントを合わせたポートレートを撮影できる」効果のことです。

下は、男子ハックさんからお借りしたものですが、左右の写真ではっきりとその効果が見て取れますよね?

この機能は「ポートレートカメラ」という新機能で利用できるようになります。

まとめ

本記事では、iOS10.1での変更点について、リリース日、Apple Payやその他の新しい機能についてご紹介しました。

個人的にはApple Payが利用できるようになることが一番嬉しいです!

はやく10月25日が来ないかな、と今から楽しみです。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE