Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

佐藤忠保の極上とろねぎ(会津若松産)が青空レストランに登場!

約4分

とうとう佐藤忠保さんの「とろねぎ」が満天☆青空レストラン(2020年2月22日放送)に登場しましたね。

佐藤忠保さんのつくる、極太で名前の通りに “とろりとして甘いとろねぎ” は、逸品中の逸品と言っても過言ではありません。

地元でしか味わえず、もちろん、市場にも出回っていないので、これまでは知る人ぞ知るというねぎでした。

今回は、この、佐藤忠保さんの極上とろねぎをご紹介します。

これまで本サイトでご紹介しました『満天☆青空レストラン』の記事のまとめはこちら。
[clink url=”https://topiclouds.net/entertainment/tv-programs/manten-aozora-restaurant-matome/”]
 

佐藤忠保さんの極上とろねぎはどこで買える?

青空レストランでの紹介に合わせてということなのか、いつも美味しい食材が販売されている通販サイト豊洲市場(とよすいちば)で購入することができます。

現在(2/21)、購入できるのは、厳冬の雪下ねぎ春の越冬ねぎ、それにとろねぎでつくった葱味噌です。

順にご紹介していきましょう。

厳冬の雪下ねぎ

佐藤忠保さんの「とろねぎ」シリーズの第2弾、「厳冬の雪下ねぎ」です。ちなみに、第1弾の「秋の霜降極太ねぎ」はすでに販売が終了しており、購入できません。

雪が降っても畑化に植えたままにし、積もった雪をどかして収穫する佐藤さんの雪下ねぎ。

凍ってしまわないようにと、ねぎが糖分がたっぷり蓄えているため、甘いがスゴイんです。また、ねぎが雪の下でも土から水分をとっているため、とても瑞々しいのが特徴です。

約2Kg(10本前後)で、2,980円(送料無料、税込)です。3月上旬から順次出荷されます。

数量限定(200)販売なので、完売の際はご容赦ください。

佐藤忠保さんの「厳冬の雪下ねぎ」の購入はこちら

春の越冬ねぎ

佐藤忠保さんの「とろねぎ」シリーズの第3弾、「春の越冬ねぎ」です。

「厳冬の雪下ねぎ」を収穫せずに放置し、春になり、ねぎが新しい芽をだしたタイミンで収穫したのが「春の越冬ねぎ」です。

雪の重さでねぎは曲がっており、また表面は枯れてもいます。見た目はイマイチですが、その味はまさにとろけるように柔らかく甘みが強いのが特徴です。

こちらも約2Kg(10本前後)で、2,980円(送料無料、税込)です。出荷は3月中旬からになります。

こちらも数量限定(100)販売なので、完売の際はご容赦ください。

佐藤忠保さんの「春の越冬ねぎ」の購入はこちら

とろねぎでつくった葱味噌

佐藤さんのつくるとろねぎでつくった葱味噌です。

雪下ねぎと鰹節からとった出汁、米味噌だけでつくる葱味噌は、佐藤家で9代に渡ってつくり続けられてきた逸品です。

上品で優しい味わいは、ご飯のおとも、お茶漬け、焼きおにぎりにもぴったりです。

130g入った葱味噌が一瓶935円(税込)で、こちらは送料が別になります。出荷は2/24から。

こちらも数量限定(200)販売です。

佐藤忠保さんの「とろねぎでつくった葱味噌」の購入はこちら

佐藤忠保のとろねぎはなぜ美味しい?

佐藤さんのつくるねぎは、どうして美味しいのか? その理由は3つあると言います。

ここに私がその理由について書くよりも、詳しく丁寧な記事がありますので、そちらを紹介したいと思います。

とろねぎの美味しさの秘密や、美味しい食べ方、レシピではないですが調理例などが以下の豊洲市場のページに掲載されています。過去に掲載された記事のようです。

佐藤忠保さんについても書かれていますので、ぜひ読んでみてください。

豊洲市場でとろねぎについて読んでみる

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE