Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

いちほまれ(福井県産)の通販・お取り寄せ・販売店情報【青空レストラン】

約6分

平成30年9月29日に全国販売が開始された福井県の「いちほまれ」。ポスト・コシヒカリを目指して福井県がその持てる力をすべて注いで開発した新しい品種のお米です。

2018年10月6日放送の『満天☆青空レストラン』でも紹介されたように、その美味しさはまさに「コシヒカリ」を超えたと言っても過言ではありません。

本記事では「いちほまれ」の通販・お取り寄せと、販売店(取扱店舗)の情報をまとめてご紹介したいと思います。

番組内で紹介されたご飯のお供につきましては以下の各ページに通販・お取り寄せ情報を掲載しております。

福岡・進藤商店の「銀だらみりん」
本長の「民田なすからし漬」
下鴨茶寮「料亭のとろゆばご飯」
長崎豊味館の「黒豚ロールステーキ」

また、これまでに本サイトで紹介しました『満天☆青空レストラン』の記事は次のページからご覧いただけます。
[clink url=”https://topiclouds.net/entertainment/tv-programs/manten-aozora-restaurant-matome/”]
 

福井県産「いちほまれ」の購入に当たって

まず最初にちょっと小うるさいことを申し上げることをお許し頂きたいと思います。

「コシヒカリ」は福井県発祥のお米でありながら、産地としては富山県や新潟県の方が有名となってしまっている現状がありました。

福井県が、県の生産者そして県民が愛着と誇りを持てる新しい「ブランド米」をと、「コシヒカリ」を超えるを目指し、6年もの歳月をかけて作り出したのが「いちほまれ」なんです。

いちほまれ」は発売前から異常とも言える注目を浴び、この9月に全国デビューをはたしました。しかし、まだ「ブランド米」として地位は確立できておらず、品質、味、食感等はこれからも磨き上げ続けていくことになります。

このため「いちほまれ」は「ブランド米」として自他ともに広く認められるようになるまで、“販売を許可されている店舗” のみの販売となっています。これは実店舗販売でもネット販売でもそうです。

「偽いちほまれ」あるいは「品質の劣ったいちほまれ」が売買され、「いちほまれ」に対する評価が下がるようなことはあってはならないのです。

「いちほまれ」の購入を検討されている方は、ぜひこのことを頭の片隅にでも置いておいていただければ、と思います。

本記事で紹介する販売情報は、すべて “販売を許可されている店舗” であることを確認しています。

購入しようとしている店が “販売を許可されている店舗” かどうかを自分で調べる方法も紹介しておりますので参考にしてください。(「福井県産「いちほまれ」の販売店舗情報」)

福井県産「いちほまれ」の通販・お取り寄せ情報

「いちほまれ」は「れんげ農法」という特殊な栽培方法で育てられお米。そのため『満天☆青空レストラン』では「れんげ米いちほまれ」の名前で紹介されています。

「れんげ米いちほまれ」という名前で販売しているお店があっても、それはニセモノではありませんのでご安心を。

楽天市場で買う

楽天市場からはこちらのお店をご紹介したいと思います。

 
こちらは店名を「石うす屋」と言い、「五つ星お米マイスター」でもある中村公一さんという方が店長をされているお店です。

この方、かなりお米にこだわりを持った方で、それは上の販売ページをご覧いただけば分かると思います。同じお米を買うならこういう店から買いたい、と思わせるような方です。

価格は5kgの「いちほまれ」が3,499円(税込)で、しかも送料が無料です。

ほかにも2kg、5kgx2の「いちほまれ」も販売しています(ページの下部にリンクがあります)。

こちらの販売は期間限定となっています。販売期間は2018年09月28日18時35分~2018年10月11日01時59分ですので、ご注意ください。

もう1店、楽天市場からご紹介します。こちらには販売期間の限定はありません

 
5kgの「いちほまれ」が3,800円(税込)。こちらも送料無料です。

「石うす屋」さんより高いのですが、“販売を許可されている店舗” なので安心できます。

日テレポシュレで買う

「いちほまれ」
「いちほまれ」
出典: 日テレポシュレ

 
日本テレビの番組連動の通販サイト、日テレポシュレでも購入することができます。

価格は5,500円(税込)。また、別途送料もかかります。

こちらのお米は、「いちほまれ」の開発に携わり、番組に登場していた五つ星お米マイスターの西島豊造さんのお店「スズノブ」からのお取り寄せとなります。

楽天市場での価格に比べるとかなり高めですが、こちらが適正価格なのでしょう。

日テレポシュレで「いちほまれ」を購入する

福井県産「いちほまれ」の販売店舗情報

“販売を許可されている店舗” は全国で約380店舗もあります。じつは「いちほまれ」の公式サイトで「取扱店紹介」として全店舗のリストが公開されているのです。

本記事に同様の情報を載せるよりも、直接「取扱店紹介」のページを参照していただいた方が正確な情報をご覧いただけると思います。

下記リンクから、公式サイトの「取扱店紹介」のページへ飛ぶことができます。

「いちほまれ」公式サイトの「取扱店紹介」ページへ飛ぶ

各地域ごとの販売店舗がまとめられていますので、見たい地域をクリック(タップ)して、店舗名を表示させてお店を探してください。ブラウザの「検索」の機能も、店舗名を表示させた状態でないと検索できませんので、ご注意を。

「東京都」を展開した状態
「東京都」を展開した状態

まとめ

本記事では、福井県産「いちほまれ」通販・お取り寄せ情報と、販売店舗情報をご紹介しました。

楽天市場で「いちほまれ」を販売している店舗の中には “販売を許可されている店舗” でない(と思われる)店がけっこうあり、ちょっと驚いてしまいました。大注目のお米ですからね、どの店も売りたいと思うのは理解できますが…

私も「いちほまれ」に期待しています。ブームが少し落ち着いたら買ってみるつもりでいます。

2018年10月6日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されましたご飯のお供につきましては、次の各ページでご紹介しています。よろしかったらご覧ください。

福岡・進藤商店の「銀だらみりん」
本長の「民田なすからし漬」
下鴨茶寮「料亭のとろゆばご飯」
長崎豊味館の「黒豚ロールステーキ」

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE