Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

グランマキッチンえりこ(徳島県阿波市)の予約方法やメニューは?

約5分

2019年3月23日放送の『人生の楽園』は、徳島県阿波市で「グランマキッチンえりこ」を営む篠原えり子さん(68歳)が登場します。

地元の子供達への食育活動に力を入れるえり子さんが、2017年にオープンした「グランマキッチンえりこ」。

夫・精二さん(72歳)の育てる地元の野菜を使った郷土料理中心のメニューは、“やさしく懐かしい” 味が評判となっています。

本記事では「グランマキッチンえりこ」の予約方法、提供されるメニューについてご紹介しています。「グランマキッチンえりこ」が気になる方はぜひ参考になさってください。

「グランマキッチンえりこ」(徳島県阿波市)

農家レストラン「グランマキッチンえりこ」の入り口
農家レストラン「グランマキッチンえりこ」の入り口
出典: 阿波市観光協会

 
自宅を改築してつくった「グランマキッチンえりこ」。いっしょにやっている「農家民宿あわ」の看板も入り口の上にかかっています。

入り口は普通の家と変わりませんね。看板がなければ、“レストランに来た” という感じではなく、“おばあちゃんの家に遊びに来た” という感じです。

予約方法

グランマキッチンえりこ」はホームページもfacebookもやっていません。

その理由は、(ホームページを見て)ちょっと珍しいレストランがあるから行ってみようか、というお客さんではなく、“「グランマキッチンえりこ」の料理が食べたい” と思ってくれるお客さんに来てもらいたい、からなのです。

このためお店の情報は口コミだけなのです。

グランマキッチンえりこ」は完全予約制です。しかも、日曜日祝日のみの営業で、1日20組限定

予約は、問い合わせ先である 0883-35-7362(篠原さん方)に、3日前までにお願いします。

場所と行き方

 
伊沢谷川の東側、県道12号線(鳴門池田線)と吉野川のちょうど中間あたりに「グランマキッチンえりこ」はあります。

最寄り駅はJR四国徳島線の阿波山川駅、最寄りのICは高島自動車道(E32)の脇町ICとなります。

行き方は、まず県道12号線を目指し、12号線からは上の図のようなルートをとるのが一番わかりやすいでしょう。

メニュー

「グランマキッチンえりこ」のお料理
「グランマキッチンえりこ」のお料理
出典: NOSAI徳島

「グランマキッチンえりこ」のメニューは、おひら、ならえ、でこまわし、ずきがしなどの野菜を使った郷土料理が中心。仕込から調理まで、すべてえり子さんが行っています。

ならえ

だいこん、にんじん、昆布、こんにゃくなどが入った和え物、酢の物のこと。

でこまわし

里いもやじゃがいも、こんにゃく、そば団子などを串に刺して囲炉裏で焼き味噌を付けて食べる田楽のこと。

ずきがし

ずきを用いて作られる酢の物(「ずき」とは里いもなど芋の茎。ずいき)。

昔ながらのその味は “おばあちゃんの味” と言える懐かしい味が評判です。

1,500円2,000円2,500円のコースがあります(いずれも税込み価格)。

農家民宿あわ

えり子さんは、季節の行事や農業体験を通じて、阿波市の魅力を知ってもらうために「農家民宿あわ」も経営しています。

お米や野菜の収穫や、漬物づくりや佃煮づくりなどが体験できます。

日曜日、祝日とその前日の夜のみ宿泊可能で、1日8組まで、となっています。

問い合わせや宿泊申し込みは、「グランマキッチンえりこ」と同じ 0883-35-7362 まで。

グランマ篠原えり子さん

「グランマキッチンえりこ」のグランマとはもちろんえり子さん自身のことですが、グランマ(おばあちゃん)とは思えないほど、とても活動的な方です。

郷土料理を通じて地元の子どもたちに食育を行うにあたって、野菜のことをほとんど知らなかったえり子さんは63歳で野菜ソムリエの資格をとります。

さらに、食育インストラクター和食にすと認定者の資格とり、まさにえり子さんはスーパーグランマ!

食育インストラクター

“食育”を基礎から学び、日々の生活に活かし、広く推進・社会で活躍できる”食育”の指導者の証となる資格(NPO 日本食育インストラクター協会 から)。

ちなみに、「食育」とはつぎのようなことを身につけ、実践できるようにすることを言います(「文部科学省 食育ってなに?」から)。

  • 食べ物を大事にする感謝の心
  • 好き嫌いしないで栄養バランスよく食べること
  • 食事のマナーなどの社会性
  • 食事の重要性や心身の健康
  • 安全や品質など食品を選択する能力
  • 地域の産物や歴史など食文化の理解など

和食にすと認定者

和食について、日本人として知っておきたい次のようなことを学び資格試験に合格した人を「和食にすと」と言います(「和食にすと 養成講座」から)。

  • 和食の特徴・歴史
  • 和食のマナー
  • 郷土料理や行事食
  • 日本の暦
  • 和食の伝統食材

いかにえり子さんが食育のことを大切に考えているか、ということが良くわかりますね。

現在は、「野菜ソムリエコミュニティ阿波」の副会長を務めており、イベント等で地元産野菜のPR活動に勤しんでいます。

「グランマキッチンえりこ」と「農家民宿あわ」の営業情報

農家レストラン「グランマキッチンえりこ」
農家民宿あわ

住所:  〒771-1703 徳島県阿波市阿波町西原208-1
電話:  0883-35-7362(篠原さん方)
営業日: 日曜・祝日(レストラン)
     日曜・祝日、およびその前日(民宿)
営業時間:11:00~14:00

レストラン、民宿ともに利用には予約が必要です。利用日の3日前までに予約してください。

お問い合わせ、予約は電話にて。

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE