Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

ランチカフェらんぷ屋(豊後竹田)の場所は?メニューや営業時間も調査!【人生の楽園】

約7分

阿蘇高原線の愛称で知られる豊肥本線の豊後竹田駅。その駅前ロータリーで、約20年に渡って駅の利用者に愛されてきた名物カレーパンを売っているランチカフェ「らんぷ屋」の瀧下雅幸さん(63歳)が、2018年11月10日放送の『人生の楽園』に登場します。

長年カレーパンを販売してきたカレーハウス「りんご屋」を、店の常連客でもあった雅幸さんが昨年末に店ごと引継いだのが、ランチカフェ「らんぷ屋」

じつは雅幸さん、竹田市内で「古民家ランチカフェ らんぷ屋」を経営しており、ふたつのお店は姉妹店のようなもの。

瀧下雅幸さんの、豊後竹田駅前のランチカフェ「らんぷ屋」と「古民家ランチカフェ らんぷ屋」について、その場所と行き方、メニューや営業時間などを調べましたのでご紹介したします。

ランチカフェ「らんぷ屋」

ランチカフェ「らんぷ屋」
ランチカフェ「らんぷ屋」

出典: 2018年夏休みにタケタンに行く♪

 
こちらは、豊後竹田駅のロータリーにある “ランチカフェ「らんぷ屋」”。まだ “カレーハウス 「りんご屋」” の看板がそのままになっています。

ちなみに、「豊後竹田駅」の竹田は「たけ」と田の字を濁らずに発音します。

ランチカフェ「らんぷ屋」の場所と行き方

豊肥本線豊後竹田駅前なので、言う間でもなく、行き方としては鉄道(JR九州)を利用するのがいちばん簡単ですね。

豊後竹田駅には出入口が南東側にひとつだけありますので、間違った出口から出てしまうこともありません。

駅を出たら、左側に「竹田合同タクシー」の建物があり、その1階が目指すランチカフェ「らんぷ屋」です。

車で行く

ランチカフェ「らんぷ屋」に車で行くには、近くを通る国道57号線(肥後街道)や国道502号線、国道442号線を利用するのが良いでしょう。

たとえば、大分市方面からであれば上の地図のように、国道442号線と国道57号線を利用するのがもっともシンプルです(時間的には他のルートよりも少し時間がかかるかもしれません)。

ランチカフェ「らんぷ屋」はロータリーの一角にあるため、駐車場はありません。が、店の前には少しスペースがあるようです。

お店の隣はタクシー会社ですし、曜日、時間帯によっては車の出入りが多くなるため、駐車してい良いかどうかについては、駅またはタクシー会社に了解を得た方が良いでしょう。

ランチカフェ「らんぷ屋」のカレーパン

カレーパンと瀧下雅幸さん
カレーパンと瀧下雅幸さん
出典: 人生の楽園

 
名物のカレーパンはひとつ120円。限定20個ということですから、なかなか食べられないかもしれませんね。

カレーパンの味は、先代のレシピを引き継いだもの。たくさんのタマネギとニンジンをじっくりと炒め、つなぎにおからを使っています。隠し味としてニンニクが入っており、辛さとスパイスが控えめに効いた独特の味だということです。

20年ものあいだ親しまれてきた味ですから、美味しさは折り紙つきです!

ランチカフェ「らんぷ屋」の営業情報

ランチカフェ「らんぷ屋」
住所: 〒878-0011 大分県竹田市会々2332-1
電話: 0974-78-1008
営業時間: 11:00~19:00
定休日: 木曜、日曜

雅幸さんは農作業もしているため、繁忙期には営業時間が変わることがあります。お店に行く場合は、事前に問い合わせをするなどした方が良いでしょう。

雅幸さんによると、採算がほとんど取れていないそうです。でも、みんなに親しまれてきたカレーパンの味を文化として伝えていきたいと、お店を続けているのだそうです。う~ん、なかなかできることではないですね。

古民家ランチカフェ らんぷ屋

古民家ランチカフェ らんぷ屋
古民家ランチカフェ らんぷ屋
出典: 古民家ランチカフェ らんぷ屋

 
瀧下雅幸さんが、農作業のかたわら営業している「古民家ランチカフェ らんぷ屋」。退職後、竹田市にUターンした際に、自宅として購入した古民家で営業しています。

自家製の食材を使ったランチやコーヒーを、一昔前のうつわで食べることができる、雰囲気の良いカフェです。

「古民家ランチカフェ らんぷ屋」の場所と行き方

もうひとつの “カフェランチ らんぷ屋” は駅前のお店から北に約17kmほど(直線距離)のところ、山が近くに迫り、田畑の多い緑豊かな郊外に「古民家ランチカフェ らんぷ屋」はあります。

車で行く

豊後竹田駅からですと上の地図のように、県道47号線、県道30号線と進むルートがいちばん早いと思います。

県道30号線を途中で左折し「古民家ランチカフェ らんぷ屋」へ向かうのですが、その位置がちょっと分かりにくいかもしれません。

上のように、青い小さ案内板が出てきたら、その先を左折します。そのあとは、ひたすら道なりに進みます。

お店自体は二車線の通りに面しており、大きな看板が出ているわけではありませんが、分かりやすいと思います。画像の左側の古民家が「古民家ランチ・カフェ らんぷ屋」です。

バスで行く

竹田市コミュニティバスの大分線で、「古民家ランチカフェ らんぷ屋」に行くことができます。

最寄りのバス停は、お店のすぐ前にある「梶屋(かじや)」。

大分駅からなんと55番目のバス停であることや、「梶屋」に停車するバスは1日に2往復のみであることから、県外の方にはあまりお勧めできません。

時刻表については、大分バスのWEBサイトを御覧ください。

「古民家ランチカフェ らんぷ屋」のメニュー

らんぷ屋で提供されるメニューは、“可能な限り農薬不使用もしくは減農薬で自家生産したものおよび周辺の協力農家で生産したものを使用することを基本” としています。

メニューは、こんな感じです。

おまかせパスタ     700円
辛口カレー      1,000円
季節のサラダ(大)   500円
季節のサラダ(小)   400円
フレーバーコーヒー   600円
ブレンドコーヒー    500円

辛口カレーとパスタ
辛口カレーとパスタ
出典: 古民家ランチカフェ らんぷ屋

いずれも税込み価格で、ほかにもセットメニュー(パスタかカレーとサラダ、コーヒー)やワインや日本酒などもあります。

料理はすべて、したの画像のような趣きのある大正・昭和時代のうつわを使用しています。

ひと昔前のうつわたち
ひと昔前のうつわたち
出典: 古民家ランチカフェ らんぷ屋

「古民家ランチカフェ らんぷ屋」の利用方法と営業情報

こちらの「古民家ランチカフェ らんぷ屋」も瀧下雅幸さんが、農作業の合間を使って営業しているお店です。

利用に当たっては、かならず前々日までに予約を入れる必要があります。農作業の状況によっては希望の日に利用できないこともありますので、注意が必要ですね。

予約は下記のホームページ(URL)の「ご予約」のページからできます。

古民家ランチカフェ らんぷ屋
住所: 〒878-0403 大分県竹田市直入町大字上田北4503-1
電話: 0974-78-1008
URL: 古民家ランチカフェ らんぷ屋
駐車場: 3台

営業時間、営業日の記載がホームページにはありませんので、まず問い合わせてみる、ということになりそうです。

まとめ

本記事では、2018年11月10日放送の『人生の楽園』に登場の瀧下雅幸さんが経営するふたつの “ランチカフェ らんぷ屋” について、

  • 場所と行き方
  • メニュー
  • 利用法や営業情報

のご紹介をしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE