Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

【青空レストラン】下総ぽん酢醤油(ちば醤油)の通販・お取り寄せ情報

約5分

2019年12月14日の『満天☆青空レストラン』の中で紹介されましたちば醤油の「下総ぽん酢醤油」そして、定番の「下総醤油」の通販・お取り寄せのまとめです。

これまで本サイトでご紹介しました『満天☆青空レストラン』の記事のまとめはこちら。
[clink url=”https://topiclouds.net/entertainment/tv-programs/manten-aozora-restaurant-matome/”]
 

ちば醤油の通販・お取り寄せ情報

醤油と聞いて思い浮かべるのは、やはりCMで名前をよく聞く会社(キッコーマン、ヤマサ、ヒゲタ、etc.)でしょうか。でも、じつは「ちば醤油」ってかなりスゴイ会社なんです。

そんな「ちば醤油」の中から、番組内で紹介された「下総ぽん酢醤油」(下総は しもうさ と読みます)、国際味覚審査機構で2回も2つ星を獲得している「下総醤油」、「下総醤油」さらにグレードアップした「特選下総醤油」の通販、お取り寄せ情報をご紹介します。

下総ぽん酢醤油

 
国産の原料だけを使ってつくった本醸造醤油と、国産のゆずとレモン果汁をふんだんに使った、爽やかでフルーティーなポン酢が「国産の柚子と檸檬の下総ぽん酢醤油」です。

口コミによれば、ほかの同様の商品に比べてレモンの風味が強めの味のようです。

以前は「国産の柚子と檸檬の下総ぽん酢醤油」という名前ではなく「南房総の~」だったのですね。

下総醤油・特選下総醤油

 
国際味覚審査機構(iTQi)主催の国際食品アワードで2007年と2010年に二つ星を獲得している「下総醤油」。

その美味しさは、「さんまでっか?(フジテレビ、2015年放送)」で紹介されたことをきっかけに全国的に知られるようになり、放送後しばらくは在庫切れとなってしまったほど。

現在も、「下総醤油」は木桶を使った手作業により生産を行っており、注文が殺到すれば入手難になることが予想されると言います。

家庭で調味料として使えるのはもちろんですが、街のラーメン屋さんがスープにこの「下総醤油」を使うことも多いようです。「下総醤油」を使っていることを教えてくれる店も多く、それだけ「下総醤油=旨い」ということが浸透しているという証でしょう。

「下総醤油」はさんまの風味がするのですね。

あの「ナボナ」の亀屋万年堂さんも「下総醤油」を使っていたとは知りませんでした。

 
丸大豆、小麦、食塩といった原料は厳選した国産品を使用し、伝統の木桶でじっくりと熟成させたという「超特選下総生醤油」。

特選の「下総醤油」よりもさらに旨味が強いのが特徴で、加熱処理していない(だから「生」)ため味や香りが穏やかで鮮やかな色をしています。

こちらも手づくりであるため、在庫切れとなる可能性があります。

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE