Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

やすだ屋(三重県菰野町)パン屋&骨董品の場所は?メニューや評判も調査【人生の楽園】

約5分

2018年10月13日の『人生の楽園』は、三重県菰野(こもの)町で “骨董品とパンの店” 「やすだ屋」を営む安田龍一さん(66歳)と奥さんの照子さん(67歳)が登場します。

龍一さんは県警2012年に退職し第二の人生を、と自宅敷地内に「やすだ屋」をオープンしました。骨董品とパンの店とは不思議な組み合わせですが、どちらもご夫婦の趣味であったもの。

店内で、骨董品の方はちょっと片隅に追いやられている感じはしますが、照子さんの作る全粒粉のパンは大人気で焼き上がるそばから売れていくほどです。

本記事では、骨董品とパンの店「やすだ屋」の場所と行き方、パンのメニューや評判などについてご紹介します。

骨董品とパンの店「やすだ屋」(三重県菰野町)

「やすだ屋」の場所と行き方

路線バスおよび車での行き方をご紹介します。

路線バスで行く

やすだ屋付近のバス停
やすだ屋付近のバス停

 
菰野町ではコミュニティバス「かもしか号」を運営しています。

やすだ屋」へは、最寄りバス停として千種根の平線の「農村センター」と「潤田西」が利用できますが、これらのバス停で止まるバスは1日に2本しかなく、県外から「やすだ屋」に行く方にはちょっと利用しづらい感じです。

最新の路線図、時刻表につきましては菰野町のサイトをご覧ください。
コミュニティバス「かもしか号」について(菰野町)

車で行く

やすだ屋」は国道306号線と県道762号線に挟まれた場所にあり、近鉄湯の山線の中菰野駅からですと8~10分の距離になります。

国道306号線から「やすだ屋」へと西に向かう道、県道762号線から「やすだ屋」へと向かう道は、いずれも細い道ですので、走行には注意が必要です(運転が苦手な方であれば「対向車が来たらどうしよう」と思う感じの道です)。

「やすだ屋」のパンのメニューは?

たくさんの種類のお惣菜パンや菓子パンを作っているようで、すべてを把握することができないほどです。

菓子パン系では、

  • あんぱん(こしあん)
  • メロンパン
  • 塩パン
  • クリーム塩パン
  • ミルククリームフランス
  • 各種クロワッサン
  • デニッシュ系のぱん

など、またお惣菜パンでは、

  • ウィンナーパン
  • ハムチーズバーガー
  • だし巻き玉子塩パン

などなど。

でも、「やすだ屋」でいちばん人気のあるのは、全粒粉を使った食パンです。天然酵母と国産の小麦を使って、6日前から生地を仕込んで当日に焼くという「やすだ屋」のパンは、大きさは普通のパンよりもちょっと小さめ。でも、もっちりとした食感に、食べた人はみな驚くようです。

お値段の方は、例えば、こしあんパンは160円、アップルデニッシュ220円、ハムチーズバーガー210円、通常の食パンが300円台といった感じ。今は、あんぱんが160円するんですね (^^;

なお、全粒粉のパンは受注生産品です。いきなり行ってもまず買うことはできませんので、前もって連絡しておくことが必要ですよ!

「やすだ屋」の口コミ・評判は?

TwitterやInstagram、facebook等には「やすだ屋」さんの口コミ・評判などはほとんど見つかりません。まだ、知る人ぞ知る、という感じのお店なんですね。

食レポ系のサイトから、いくつか口コミを拾ってみますと、いずれも天然酵母使用のパンの評判が良いようです。

すべてのパンの焼き上げが11時半とのことでしたので、その時間に行ってみたら、ほぼ売り切れでした。
まるパン110円とクリームチーズとレーズンのパン195円が一つずつ残っていたので購入しました天然酵母パンのもちもち食感が美味しかったです。
骨董品がたくさん置いてありました。購入もできます。
引用元: トリップアドバイザー

(前略)
国産小麦に天然酵母で作ってるので普通の食パンに比べ膨らみが少ないそうです。
でもでも、一般的な食パンより小さいけど食べごたえがすごい!
1枚でけっこうな満足感です!!
しかも焼いて食べると耳はさっくりというよりかはザックリ。中身はふんわりというよりもっちり。
ハード系のパンが好きな人は気に入るんじゃないかな~。
塩クリームパンも、クリームが練乳かと思ったらカスタードなのかな??違ったらごめんなさい
あまりカスタードは好きじゃないけど優しいお味で美味しかったです。

また買いに行きたいな。
引用元: 食べログ

「やすだ屋」の営業情報

やすだ屋 パン、生活骨董店
住所: 〒510-1251 三重県三重郡菰野町千草3929-3
電話: 059-394-7358
営業時間: 10:00~17:30
営業日: 木曜日、土曜日(祭日も)
駐車場: 店前に10台分

全粒粉のパンは受注生産なので、前もって連絡しておく必要があります。

パンの焼き上がりは11時ころですが、この時間に行っても売切れてしまっているパンがかなりあります。理由は、人気のあるパンは、焼き上がり店頭に並ぶとすぐに売れてしまうからです。

どうしてもほしいパンがあるときは、開店の10時から店内で焼き上がりを待っているようにすると良いでしょう。ただし、「やすだ屋」が番組で紹介されてからしばらくは、パンの争奪戦状態になる可能性もあります。数か月待って、すこし落ち着いてからのほうが、ほしいパンを手に入れやすいと思います。

まとめ

本記事では、2018年10月13日放送の『人生の楽園』に登場の安田さんご夫婦が営む「やすだ屋 パン、生活骨董店」について、次のような情報をご紹介しました。

  • 「やすだ屋」の場所と行き方
  • 「やすだ屋」の口コミや評判

龍一さんは、自分の趣味であった骨董品を「やすだ屋」に並べ、販売もしているのですが、今はほとんど売れていないそうです。いぜんは『やすだ屋生活骨董店』とうサイトで、骨董品の通販もしていたようです。

いまは照子さんの作るパンが注目浴びていますが、番組での紹介を機に、龍一さんの骨董品にも注目が集まり、売れるようなるといいですね。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE