サイトデザインを更新しました!

上高地でお弁当を販売しているお店はどこ?

当ページのリンクには広告が含まれています。

復活したルミエスタホテル上高地の「河童のひるめし」の情報を記載しました。(2023/05/01)
明神館のお弁当を追記しました。(2023/05/08)

上高地でのお昼は、ホテル内でのランチではなく、梓川の流れや北アルプスの山々を眺めながらお弁当をいただくというのもいいですよね。

そんなお昼を楽しみたいと思っているあなたに、上高地内で買えるお弁当をご紹介します。上高地への日帰り旅行などでお昼にお弁当を食べようと思っている人も参考にしてくださいね。

記事内のお弁当の種類や値段は記事作成当時のものです。現在はメニューや値段が異なっていることもありますことをあらかじめご了承ください。

目次

上高地内でお弁当を販売している店

意外にも、上高地内で観光客向けにお弁当の販売を行っているところは多くありません。本記事でご紹介するお弁当はいずれも、上高地内のホテルや旅館が販売しているものです。

それではお店ごとに紹介してまいりますね。(ルミエスタホテル上高地河童のひるめしにつきましてはこちらにまとめてあります)

上高地アルピコショップ

アルピコショップ(出典:アルピコグループ

上高地バスターミナルにあるアルピコショップでは、アルピコグループのグループ企業の一つである上高地ルミエスタホテルの名前でお弁当が販売されています。ただし、お弁当がホテル内で作られているかどうかは分かりません。

2023年に復活した上高地ルミエスタホテルのオリジナル弁当「河童のひるめし」は、こちらで受け取ることができます。購入には事前の予約が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

場所

上高地アルピコショップはバスターミナルの上高地観光センターの1Fにあります。とても分かりやすい場所にありますので、お店の場所を探してウロウロするということは無いでしょう。

上高地に到着したら、まずお弁当を買って、それから散策に出かけることをおすすめします。ただし、早朝に上高地に到着した場合は、アルピコショップなど上高地観光センターの売店はまだ開店していないこともあり注意が必要です。

散策のルートにも依りますが、お昼ごろに河童橋周辺に居るようであれば五千尺キッチンのお弁当を買うか、ホテルでランチを食べる良いかもしれません。

お弁当

今年、上高地アルピコショップで販売されているお弁当には次のものがあります。

おやき弁当山賊焼き弁当(出典:アルピコグループ
おやき弁当700円6種類のおやきから2種類が選べる
山賊焼き弁当750円人気の山賊焼きに高菜ピラフ付き

お弁当のほかに、次のようなもの販売されています。

ホットドッグ(400円)と割包(350円)
出典:アルピコグループ

ホットドッグは、散策前の朝食代わりやちょっと小腹がすいているときにぴったりだと思います。

割包はガーパオと読み、豚の角煮を中華風のパンに挟んだもの。中華風ハンバーガーみたいな感じでしょうか(管理人は食べたことがありません)。

五千尺キッチン

五千尺キッチンの店内(出典:五千尺キッチン

河童橋、梓川そして北アルプスの山々を眺めながら食事のできる五千尺キッチンでは、店内で食べられる料理をお弁当としてテイクアウトすることができます。

ただし、現在、テイクアウトランチは予約制となっており、上高地に出かける日に合わせて予約をしておく必要があります。予約方法については後でご紹介します(お急ぎの方は こちら から)。

場所

梓川の左岸、川下方向に約20mほど下ったところに五千尺キッチンはあります。

お土産物屋さんの2階にあり、お土産物屋さんの店内にある階段を上って五千尺キッチンに行きます。とても目立つ場所にありますので、(きっと)すぐに分かります。

お弁当

現在販売されているお弁当は3種類。いずれも、五千尺キッチン内で提供されている料理のテイクアウト版となります。

山賊定食
1,580円
黄金のバターチキンカレー
1,780円
スパイシーポークカレー
1,780円
五千尺キッチンのお弁当メニュー

お値段は「お弁当」の域を越えています(管理人の個人的な感想です)が、これは店内の料理をそのままテイクアウトするお弁当であるためです。そのため、味も「お弁当」の域を超えています。

予約方法

予約は五千尺キッチンのWEBサイトから行います。

>> 予約ページはこちら

リンク先のページの下の方に、必要事項を入力するフォームがありますので、間違いの無いように入力を行い予約します。

注意事項等は、リンク先ページに記載されていますが、とくに重要と思われることをこちらにも掲載しておきます。

お弁当「河童のひるめし」の復活

ゴールデンウィークの開始早々に、嬉しいニュースが飛び込んできました。 あの上高地ルミエスタホテルのオリジナル弁当「河童のひるめし」が復活したのです!

ルミエスタホテルのオリジナル弁当「河童のひるめし」
オリジナル弁当「河童のひるめし」(出典:上高地ルミエスタホテル

河童のひるめし」は2019年を最後に販売が行われなくなっていましたが、今年より豪華になって復活しました。

ちょうどよいサイズ(横18cmx縦12.5cmx高さ5cm)の箱には、ゆかりうめのおにぎりと、信州の感じさせる料理がたくさん入っています。それなのに1,400円(税込み)というお値段です(3年前の値段とほとんど変わっていません)。

  • 山賊焼き
  • 馬肉のしぐれ煮
  • 野沢菜の天麩羅
  • 山菜煮
  • 鮭の塩焼き
  • 竹輪胡瓜射込み

河童のひるめし個数限定のお弁当です。確実に購入したい方には予約をおすすめします。予約とお弁当の受け取り方法は次のとおりです。

予約をするときに、どこでお弁当を受け取るのか、何時に受け取るのかを、忘れずに伝えてください。当日に受け取り場所を変更することはできませんので注意を。また、予約時にすでに売り切れとなっている可能性もあります。予約は早めにしたほうが良いでしょう。

アルピコショップの場所はこちらを参照してください。上高地ルミエスタホテルの場所は以下の地図を参考にしてください。

明神館

明神館(出典: 明神館

場所

明神館は、河童橋から梓川の左岸を川上に向かって約1時間ほど歩いたところにあります。

河童橋から少し離れた場所にありますが、散策コースの途中に立ち寄れるようにすると良いかもしれません。

お弁当

明神館のお弁当はシンプルなおにぎりセットカツサンドです。予約が必要なので注意してくださいね。

おにぎりセット
800円
カツサンド
400円
五千尺キッチンのお弁当メニュー(画像は©明神館

予約方法

お弁当には予約が必要です。また、予約は電話0263-95-2036 )でのみ可能です。

まとめ

本記事では、上高地でお弁当を購入できるお店として、

  • 上高地アルピコショップ
  • 五千尺キッチン(テイクアウト)
  • 明神館

をご紹介しました。

また、今年(2023年)から復活した河童のひるめしについてもご紹介しました。

五千尺キッチンのテイクアウトランチは、「お弁当」という言葉のイメージからするとかなり豪華な感じがしますが、せっかくの上高地ですので、ちょっと贅沢してみるのも良いかもしれません。

上高地でお弁当を食べるのにおすすめの場所については次の記事でご紹介しています。美しい景色を楽しみながら、お弁当をいただきたいと思っている人は参考にしてください。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 初めまして 持ち込みテント、クーラーボックス、寝袋は小梨平キャンプ場に泊まりますが次の日朝 登山のためテント用具の荷物は一時預かりありますか?下山16時くらいで荷物は持ち帰り予定です。

    • > ウラヤマさん

      コメントありがとうございます。

      小梨平キャンプ場では、有料ですが荷物の預かりをしていますよ。
      (2019年は、1個あたり1日300円でした)

      現在(2021年)も預かってもらえるかどうか、おでかけ前に電話で確認してみてくださいね。

      0263-95-2321 (07:00〜18:00)

コメントする

目次