Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

女子高生シンガーAnnaのプロフィールが凄い!画像や注目曲も紹介

約4分

現役女子高生シンガー・ソングライターとして歌手活動を開始したAnna(アンナ)さんの『ひとりの世界』、あなたはもう聴きましたか?

Annaさんの『ひとりの世界』は、NHK-BSプレミムで放送されているドラマ「クロスロード -声なきに聞き 形なきに身よ-」の主題歌オーディションで抜擢された曲です。

私は『ひとりの世界』を聴いて、久しぶりに心を揺さぶられる感じがしました。

こんな凄い曲を作ったAnnaさんとは、いったいどんな女子高校生なのでしょうか?

シンガー・ソングライター Anna

Annaのプロフィール

Anna
Annaさん

 

名前: Anna(アンナ)
生年月日: 2000年、17歳
身長: 155~160cm(推定)

父親が日本人、母親がロシア人のハーフで、可愛いというより美しい、それもミステリアスな雰囲気のある女子高生です。とくに瞳がちょっと見たことのない不思議な色合いで、見ていると引き込まれそうになります。

Annaの瞳
Annaさんの瞳 ©Anna

 
なぜか生まれ年は公開されていますが、何月何日生まれなのかは公開されていません。

スリーサイズはもちろん身長についても、今のところ明らかになっていません。推定の身長は、Annaさんのデビューイベントで一緒に写っているLiLiCoさん(168cm)との身長差から見積もったものです。大雑把すぎて参考になりませんね(苦笑)。

LiLiCo&Anna&舘ひろし
Annaさんのデビューイベントに駆け付けたLiLiCoさんと舘ひろしさん
© Daily Sports Online

Annaがギターを始めたきっかけが凄い!

『ひとりの世界』はAnnaさんが15歳の時に初めて作った曲なんだそうです。

「中学の授業で『メロディーを作ってみよう』というのがあって、ちょうどギターを始めた時期だったので、先生に『曲を作っていいですか』って言って作ったんです」
出典: Daily Sports Online

曲を聴いてもらうと分かると思いますが、とても初めて作ったとは思えないほど完成度が高いですよね。「この子は天才なんじゃないか?」と、私は思いました(笑)。

で、そのギターなんですが、始めたきっかけが半端ないです。

日本人とロシア人とのハーフということで、Annaさんは中学時代に壮絶ないじめに遭います。それは一時的にせよ記憶を失うほどひどいもので、そのために入院も経験しています。

そんなAnnaさんに母親はギターをプレゼントしてくれたそうで、中学二年から独学でアコースティックギターを始め、音楽で心を癒していたのだとか。

Annaさんの経験したことを思いながら『ひとりの世界』を聴くと、心の奥底に響くものがあります。ぜひ、あなたも聴いてみてください。

Annaのデビューシングル「ひとりの世界」

ひとりの世界
ひとりの世界

 
デビューシングル「ひとりの世界」は5月31日にリリースされ、Sony Music Marketingより販売されています。(レーベルは Robby Records)

収録曲は6曲で、タイトルの「ひとりの世界」の他、次のような曲が収録されています。

  1. ひとりの世界
  2. 自由という名の檻
  3. 大好きでした。
  4. あたし
  5. ひとりの世界(TV Edit.)
  6. ひとりの世界(Acoustic Version)

紙ジャケットCDで、税込1,620円です。

凄いシンガーソングライターが現れた!

私は、この曲を作ったのが、そして歌っているのが女子高校生であることを忘れるほど、『ひとりの世界』に聴き入ってしまいました。『ひとりの世界』の “世界” にどっぷり浸っていたのです。

そして、聴き終わった後、改めてAnnaさんのことを思い、「凄いひとが現れたなぁ」と思いました。

今後、Annaさんがシンガー・ソングライターとして、どのように成長していくのかとても楽しみです。

見守りながら、応援していきたいと思います。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE