中国が南シナ海で米潜水機を奪った理由は?

政治

中国が南シナ海で米潜水機を奪った目的は?米中関係はどうなる?

南シナ海で中国はアメリカに対して暴挙をとも言える行動をとったようです。

12月16日、米国防総省の発表によると、15日に中国海軍の艦船が南シナ海の公海上で米海軍海洋調査船の無人潜水機(UUV; unmanned underwater vehicle)を違法に奪い取った、と発表しました。

中国が無人潜水機を奪った理由は何でしょうか?
この事件は米中関係にどんな影響を与えるのでしょうか?

本記事では、時事通信や海外の報道を元に、このような問題を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

中国が米国の無人潜水機を奪う

事件発生時の状況

事件のあった場所は、フィリピンのスービック湾(Subic Bay)の北西約50海里(約93km)の公海上でした。

米海軍の海洋調査船バウディッチ(Bowditch)が無人潜水機2機の回収作業をしていたとき、後をつけてきていた中国海軍の艦船が約500ヤード(約460m)にまで近付いてきて、ボートを出して潜水機1機を、米国の作業員が見ている前で奪って行きました。

バウディッチは中国艦船に無線で潜水機の返還を要求しました。

無線は中国艦船に確認されたものの返還の要求は無視され、「通常任務に戻る」という連絡だけしてきたそうです。

無人潜水機は何をしていた?

バウディッチも無人潜水機も、機密扱いされていない「オーシャン・グライダー(ocean clider)」システムの一部で、軍事海洋データの収集を行っていました。

収集されるデータは、海水の塩分濃度、海水温、(海中の)音の速度などです。

収集は、国際法に則って行われていた定常作業だということです。

中国が無人潜水機を奪った理由は?

無人潜水機で中国に対するスパイ活動を行っていた?

中国はなぜ米国の作業員たちが見ている前で、無人潜水機を奪っていったのでしょう?

米国が怪しげな機械を使って中国に対するスパイ活動を行っていると思ったのでしょうか?

しかし、米国の活動は公海上での定常作業であり、中国艦船はこれまでもこのような米国の活動を見てきていたはずです。

怪しいと疑っていたのだとしたら、もっと前に活動中止を要求したり、活動の妨害をしてきても良さそうです。潜水機の奪取が「今」である理由にはならないと思います。

では、「今」である理由とは…?

「嫌がらせ」を行なったのがこの時期、ということを考えると、やはりトランプ次期大統領の言動に行きつきます。

トランプ氏の発言の影響?

中国は、トランプ氏が自身のTwitterで「一つの中国」の見直しに言及したり、「本家」を差し置いて台湾の蔡英文総統と電話会談をしたことに、そうとう怒っています。

米国は、中国の意向に沿った「一つの中国」という原則をこれまで守ってきました。

また、1979年にジミー・カーター大統領が中国との国交を樹立して以来、米国と台湾との国交は途絶えたままです。「一つの中国」の原則を守る限り、米国は台湾をもうひとつの “中国” として扱うことができないのです(国交はありませんが、実際には米国は台湾をほかの国家や政府と同等に扱っています)。

それを次期大統領であるトランプ氏はひっくり返そうとしているため、中国は米国に対して懸念を抱いているんですね。

おそらく、無人潜水機の奪取はそんな米国に対する警告のひとつだと思われます。

今後の米中関係は?

米国は、中国に対して正式に、無人潜水機の返還を要求しました。また、中国が国際法上のすべての義務の順守を守るようにも求めています。

無人潜水機の奪取が先ほどの「嫌がらせ」目的であれば、中国は少し時間をおいて無人潜水機を返還するかもしれません。

しかし別の目的があったり、あるいは、中国に対する米国の今後の政策に、中国が非常に強い危機感を持っている場合は、無人潜水機は返還されないかもしれません。

14日に、中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室は、

「一つの中国」の原則に対するいかなる干渉や毀損(きそん)も台湾海峡における平和や安定に深刻な打撃をもたらす

と警告しています。

また、「一つの中国」政策は、米中関係の政治的な基盤であると指摘し、

この基盤が干渉されたり毀損されたりすれば、健全で安定的な中米関係の発展が不可能となり、台湾海峡における平和や安定に深刻な打撃となる

とも言っています。

トランプ氏が大統領に就任した後、米国は中国とどのように付き合っていくのかによって、米中関係は大きく変わっていきそうな気がします。

まとめ

南シナ海の公海上で、中国海軍が米国の無人潜水機を奪った事件に関して、

  • 事件の概要
  • 中国が無人潜水機を奪った理由
  • 今後の米中関係

について、お話ししました。

まるで「ジャイアン」のように振る舞う中国。

することが次第にエスカレートしてきているように思えて不安ですね。

来年は、もう少し穏やかな世界となってくれるといいのですが。

スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. ついに公表される伊達直人の正体は?タイガーマスク運動とは?
  2. TOKIOの山口達也が離婚会見!その誠実すぎる対応が評判に!
  3. 錦織の天敵?アンディマレーのプロフィールと彼の性格や奥さんの情報まとめ
  4. ゲス不倫まだ継続中のカップルとは?気になる真相を探る!
  5. 新しい洗濯表示をやさしく解説!新旧の比較や注意点は?なぜ変更?

関連記事

  1. 金正男と身元確認される!DNAサンプルはいつ誰(子供)が提供した?

    政治

    金正男を暗殺した実行犯の女性は何者?犯行の理由や素顔を調査!

    金正男氏がマレーシアのクアラルンプール空港で暗殺された事件で、その実行…

  2. 金正男と身元確認される!DNAサンプルはいつ誰(子供)が提供した?

    政治

    金正男に子供は何人?妻や愛人など家族構成について調べてみた

    マレーシア当局による金正男(Kim Jong-nam、キム・ジョンナム…

  3. 金正男と身元確認される!DNAサンプルはいつ誰(子供)が提供した?

    政治

    金正男の長男金漢率が行方不明に!妻やほかの子供たちの安否は?

    金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺事件の影響は、正男氏の家族にまで及び…

  4. 金正男と身元確認される!DNAサンプルはいつ誰(子供)が提供した?

    政治

    金正男が暗殺された理由や状況は?指示したのは最高指導者のあの人?

    衝撃的なニュースが飛び込んできました。北朝鮮の故金正日(キム・…

  5. プーチン大統領の遅刻の理由は?

    政治

    プーチン大統領が遅刻した理由は?隠された意図や背景を優しく解説

    12月15日、ロシアのプーチン大統領が、安倍首相と北方領土問題や経済協…

  6. 蓮舫氏

    政治

    民進党蓮舫氏の二重国籍は何が問題?違法性があり議員辞職が必要?

    民進党・蓮舫氏(48歳)の二重国籍問題が毎日のようにテレビや新聞、ネッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ツムラの河内鴨(合鴨肉)は通販で買える?店の場所や営業時間は?
  2. 奇跡のサツマイモ「紅娘」や「大栄愛娘」の通販・お取り寄せ情報
  3. 米代恭(きょう)ってどんな漫画家?Wikiプロフィールと作品の紹介!
  4. 銀沫(ぎんしぶき)と塩釜焼ローストビーフの通販とお取り寄せ情報!【青空レストラン】
  5. 室井麻希の旦那がイケメンすぎる!さらに家族は弟や妹まで美男美女!

ピックアップ記事

  1. ツムラの河内鴨(合鴨肉)は通販で買える?店の場所や営業時間は…
  2. 奇跡のサツマイモ「紅娘」や「大栄愛娘」の通販・お取り寄せ情報…
  3. 米代恭(きょう)ってどんな漫画家?Wikiプロフィールと作品…
  4. 千葉時代(チバニアン)に決定の理由は何?地層の場所や行き方は…
  5. 川本エゴマの郷(竹下禎彦)のえごま商品を通販で買うには?【人…
  6. 銀沫(ぎんしぶき)と塩釜焼ローストビーフの通販とお取り寄せ情…
  7. 室井麻希の旦那がイケメンすぎる!さらに家族は弟や妹まで美男美…
  8. 山下沙織がGirls☆の候補生に!プロフィールや眼の整形疑惑…
  1. 熊谷一弥の出生地と実父が判明!

    テニス

    テニス選手熊谷一弥の出生地や実父が判明!父親もスゴイ人だった!
  2. ホンダが自動運転でグーグルと組んだ理由とは?

    科学

    ホンダが自動運転でグーグルと組んだ理由は?研究対象は何?
  3. Apple iPhone7 過去最高の液晶ディスプレイ

    ガジェット

    iPhone7は過去最高に美しい液晶ディスプレイに!さらに省電力も!
  4. 朴大統領の機密漏洩疑惑とは?崔順実氏とは?

    政治

    崔順実とは?朴槿恵大統領とはどんな関係?機密漏洩疑惑とは?
  5. 覚醒剤

    芸能界

    小倉智昭は庄司哲郎の覚醒剤の事を知ってた?ふたりの関係は?
PAGE TOP