Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

鑑定団で発見の国宝級曜変天目茶碗とは?来歴や値段も紹介!

約5分

テレビ東京のお宝鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で、4点目となる曜変天目茶碗が発見されたようです。

これまで世界に3点しかなった曜変天目茶碗はいずれも日本にあり、すべてが国宝となっています。

今回発見されたとされる4点目の曜変天目茶碗も、本物であれば国宝級と言われています。

その曜変天目茶碗とはいったいどういう茶碗でしょうか?

また、番組に持ち込まれた曜変天目茶碗の来歴、番組内での鑑定価格についてもご紹介します。

曜変天目茶碗

曜変天目茶碗とは?

曜変天目茶碗とは、天目茶碗のうち最上級のものを言います。

外見の特徴は、色は真っ黒(漆黒)器で、大小の星と呼ばれる丸い斑文が散らばっており、斑文の周りは藍や青色をしていて、見る角度によっては虹色などさまざまな色に見えます。

もとは「曜変」は「窯変(あるいは容変)」と表記されますが、「星」のような紋様の美しさから「星の輝き」を意味する「曜(耀)」の字があてられるようになった、と言われています。

曜変天目茶碗は、南宋(12~13世紀)の頃、現在の中国福建省建陽市にあった建窯で作られたとされており、現存する物は3点しかありません。そして、そのいずれもが日本にあり国宝に指定されています。

国宝 曜変天目茶碗

日本にある曜変天目茶碗は、静嘉堂文庫、藤田美術館、大徳寺龍光院に収蔵されています。

静嘉堂文庫

曜変天目(稲葉天目)
曜変天目(稲葉天目) ©静嘉堂文庫美術館

 
静嘉堂文庫美術館によると、“静嘉堂文庫美術館所蔵の曜変天目(茶碗)は、もと徳川将軍家所蔵であったものが、三代将軍・家光の時代、春日局を経て、後に淀藩主となる稲葉家へ伝えられたとされる” と言うことです。

藤田美術館

曜変天目茶碗
曜変天目茶碗 ©藤田美術館

 
藤田美術館によると、“瑠璃色の曜変と呼ばれる斑文は、まるで宇宙に浮かぶ星のように美しい輝きを放ち、品のある華やかな中にも落ち着きがあります。… 徳川家康から譲り受けた水戸徳川家の売り立ての際、藤田家に伝わりました” とのことです。

この曜変天目茶碗は、濃い青い色が良く出ていて、とても綺麗ですね。

大徳寺龍光院

曜変天目(大徳寺龍光院)
曜変天目 ©大徳寺龍光院

 
こちらは、写真写りがあまりよくないのですが、それでも星のような斑文がたくさんあり、斑文の周りが青緑なのが分かりますね。

こちらはふだんは一般公開されていないようです。

開運!なんでも鑑定団に出された曜変天目茶碗

番組に鑑定を依頼した人は徳島県の橋本浩司さん。

骨董品好きの曽祖父が、明治時代に戦国武将・三好長慶(みよしながよし)の子孫が暮らす武家屋敷の移築を請け負ったとき、武家屋敷にあった多くの骨董品を大枚はたいて購入したそうです。

鑑定を依頼した品物はその中のひとつで、30歳のときに父から譲り受け、そのまま放置していたものを、最近になって自分で調べてみたら、価値のあるものではないかと分かり、鑑定の依頼をしたようです。

で、依頼品がこちら。

国宝となっている3つの曜変天目茶碗に比べると、星のような斑文が分かりにくいですが、青や緑の色が浮き出ているところがありますね。

そして、鑑定の結果は…?

橋本さんは、100万円の予想でしたが、結果はなんと2500万円の値が付きました。

値段を見た橋本さんはあまりに高額な値段にビックリして、しばらく口を開けたままでした。よほど、驚いたんでしょうね。

中村誠之助によると、これは間違いなく曜変天目茶碗であり、「鑑定団始まって以来の、最大の発見」だそうです。

もし、これが徳川家康に伝わり、現在にまで伝えられていたら、間違いなく国宝となっていたでしょう、とも言っていました。

ものスゴイお宝なんですね。いやぁ、テレビを見ていて、私も驚いてしまいました(笑)

まとめ

本記事では、日本に3点しかなかった曜変天目茶碗の4つ目が、テレビ東京の番組『開運!なんでも鑑定団!』で見つかったことについて、

  • 曜変天目茶碗とはどういう茶碗なのか?
  • 番組に鑑定に出された茶碗はどういう来歴か?
  • 鑑定結果はどうだったか?

についてご紹介しました。

本当にきょうは『開運!なんでも鑑定団』を見て驚いてしまいました。

私も値が付きそうなもの、何か物置でさがしてみようかな… (笑)

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE