Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

イケメンのプレブツ兄弟の画像とプロフィールや経歴を紹介!

約5分

11月25日、フィンランドのルカで開かれているスキージャンプ世界選手権、男子個人の第1戦で、スロベニアのドメン・プレブツ(Domen Prevc)選手(17歳)が優勝したことがニュースとなっています。

スキージャンプに興味がある人なら、この名前になんとなく聞き覚えがありますよね?

そう、ドメン・プレブツは、2015-2016年は向かうところ敵無し状態だった、あのペテル・プレブツ(Peter Prevc)選手(24歳)の弟なんです。

兄弟そろって、トップジャンパーなんて凄いですよね。しかも、2人ともイケメンです!

本記事では、みんなが気になる「イケメンジャンパー」、プレブツ兄弟のプロフィールや経歴を画像付きでご紹介します。

ペテル・プレブツ

ペテル・プレブツの経歴

兄のペテル・プレブツは、スロベニア(Sloveia)のクラーニ(Kranj)の出身で、1992年9月20日生まれの24歳(2016年現在)です。

身長は182cm。

スロベニア語のほかに、英語とドイツが話せます。

現在は、スロベニアのDolenja VasとSelcaに住んでいるようです。

ペテル・プレブツ

調べてみたらドメンの他にも弟セネ・プレブツ(Cene Prevc、20歳)と妹がおり、そのどちらもがスキージャンプと選手という、兄妹全員がスキージャンプ選手だったんですね。

他の兄弟と共にスキークラブSK Triglav Kranjに所属しています。

FIS Sommer Grand Prix 2014 - 20140809 - Peter Prevc
FIS Sommer Grand Prix 2014 – Peter Prevc

ペテル・プレブツの戦績

ワールドカップには2009年から参戦しており、2013のシーズン以降は総合でずっと上位のメダルを獲得しています。

2013-2014 総合 銀メダル
2014-2015 総合 銀メダル
2015-2016 総合 金メダル

2014-2015年のシーズンの、3月20日のプラニツァ(Planica)第34戦では、1本目は248.5mをとびヒルレコードを記録し、2本目は飛型点で5人のジャッジ全員が20点満点をつけるという素晴らしい成績で優勝しています。

5人全員が20点満点をつけたジャンプは “perfect jump” と呼ばれており、これを達成したジャンパーはほとんどいません。

2015-2016年のシーズンは、シーズンを通してずっと好調で、29戦中15戦で優勝するという圧倒的な強さで総合優勝をしています。これはペテル・プレブツにとって初めてのワールドカップ総合優勝でした。

このときのペテル・プレブツの強さをレジェンド葛西は「プレブツが強すぎて…。ほんと、ヤバイ。手がつけられない」とまで言っていました。

忘れてはいけないのが、ペテル・プレブツの250mという大ジャンプです。これは、2015年2月14日にVikersundで記録されたものです。記録的には、もっと長い距離を飛んだ選手はいるのですが、きれいな飛型、そして驚くほど長い滞空時間を見てください。

こんなに長い時間「飛んでいる」というのは、どういう感覚なんでしょうか? 一度でいいから、体験してみたいです(笑)

[adSense]

ドメン・プレブツ

ドメン・プレブツの経歴

弟のドメン・プレブツもスロベニアのクラーニ出身で、1999年6月4日生まれ(17歳)です。

ドメン・プレブツは、3人の兄弟の中で一番下になります。三男坊ですね。

身長は174㎝で、まだまだこれから伸びそうです。

ドメン・プレブツ 2016/11/25

この画像は、ルカで優勝したときのものですが、まだ少し幼さが残っていますね。

2015年からワールドカップに参戦しており、まだ19戦しかしていませんが、2年目でもう優勝してしまいました。

ということは、もしかしたら、兄のペテル以上に強いジャンパーになるかもしれませんよ(ペテルは5年目で初めて優勝しています)。

ドメン・プレブツの画像

いくつかドメン・プレブツの画像を紹介しましょう。

ドメン・プレブツ 8月19日
 
ドメン・プレブツこれは何歳くらいかわかりませんが、ふだんスマホで遊んでいるところを撮ったものでしょうか。

プレブツ兄妹
幼いプレブツ兄妹

これは可愛いですね。 右から、ペテル、ドメン、ニカ(Nika)、セネでしょうか。家の中で、スキージャンプの練習をしているようです。ニカちゃんの笑顔がいいですね!

まとめ

本記事では、イケメンと噂のプレブツ兄弟について、プロフィール、画像や動画をご紹介しました。

ペテル・プレブツは今シーズンも調子が良いようですので、もしかしたらペテルとドメンの2人がいつも表彰台に上がるような、そんな展開になるかもしれません。

日本勢にもなんとか頑張って欲しいのですが、若手が育っていないようで…(泣)

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE