Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

えばこGOHAN(古民家カフェ)の行き方は?メニューや口コミも紹介!【人生の楽園】

約9分

鳥取市河原町で古民家カフェえばこGOHAN」を営むのは今家邦雄(いまいえ くにお)さん(61歳)と奥さんの美恵子さん(63歳)のご夫婦。

大阪府高槻市で焼き鳥店を経営していた今家さんは、仕事に追われて毎日忙しく働く生活にふと疑問を抱きます。

60過ぎても続けられるだろうか?

そんな今家さんが、偶然にもお子さん2人が鳥取へ移住したこと、そして地元の方の声にも後押しされて、今年2017年4月、鳥取市河原町牛戸に移住しオープンしたのが古民家カフェ「えばこGOHAN」です。

本記事では、地元に溶け込み早くも人気のお店となった「えばこGOHAN」の場所と行き方、提供される食事のメニューや口コミについてご紹介します。

古民家カフェ「えばこGOHAN」

えばこGOHANの外観
えばこGOHANの外観
出典: とっとりずむ

 
大きくて立派な民家ですね! 庭も手入が行き届いておりとても綺麗です。

えばこGOHANの室内
えばこGOHANの室内
出典: えばこGOHANのfacebook

 
家の中もこんな感じで、とても落ち着ける空間となっています。室内に置いてある長い一枚板のテーブルは、大阪で開いていた焼き鳥店から持ってきたものだそうですよ。

ところで、店の名前の「えばこ」って何だろうと持ったら、答えがWEBサイトに書かれていました。

今家さんご夫婦が「えばこGOHAN」に寄せる思いが書かれていますので、少し長いですが引用しますね。

日々の暮らしの一場面はきっと大切な一コマ。
季節のごはんが美味しかったり
四季の木々が美しいこと、夕日が真っ赤なこと
星空がキラキラだったり・・・
ここ西郷谷で繰り広げられる
かけがえのない風景を
スケッチブックにお絵描きしてみる気持ちで・・・
そんな暮らしの絵が詰まった箱作り。
それが『えばこ』
店内では元気の出る飛びっきりライブがあったり
ご近所さんで作るイベントがあったり
ワクワクいっぱい楽しみいっぱい
箱に詰めたいと思ってます。

「えばこ」はいろんな絵が詰まった「絵箱」だったのですね。

なぜ大阪から鳥取に移住したの?

今家邦雄さんと美恵子さん
今家邦雄さんと美恵子さん
出典: 人生の楽園

 
今家邦雄さんは、31歳で国鉄(いまのJRですね)を退職して、出身地である大阪で焼き鳥店「KUSHITARO」を開業します。

常連客にも恵まれ「KUSHITARO」は人気店へと成長しますが、とにかく毎日が忙しく、昼も夜も働きます。当時、お子さんと過ごす時間もほとんどなかったといいます。

するとやはり心配になるのは将来のこと。こんな生活をずっと続けられるのだろうか?

家族で鳥取へ移住

今家さんご夫婦にはお子さんが2人いらっしゃいます。長女の由貴さんと長男の浩太郎さんです。

由貴さんご夫婦は、地方で農業することに憧れていて、2012年に就農研修を受けた後、「えばこGOHAN」のある牛戸の隣、本角(ほんずみ)で生活を始めます。今家さん家族の中で一番早く鳥取に移住されました。

さらに、鍼灸師である浩太郎さんも仕事の関連で鳥取には6年前から定期的に訪れており、移住を考えていました。そして、今年2017年4月に移住し鍼灸院を開きました。

邦雄さんと美恵子さんは、由貴さんのもとへ訪れるたびに、河原町の豊かな自然や穏やかな雰囲気に魅了されていったようで、2016年に行動を開始します。

しかも、2016年9月に築40年の民家を紹介されると、翌10月には引っ越し、さらに11月にはもう「えばこGOHAN」をオープンするという仕事の速さ。(このときのオープンは、プレオープンでした)

邦雄さんは、鳥取への移住は偶然が重なったもの、と仰っていますが、鳥取の人からのこんな言葉にも背中を押してもらったそうです。

陶芸家の窯を訪れる人たちがコーヒーを飲んだり、食事ができる場所が西郷地区にあってもいいのでは

[adSense]

えばこGOHANの場所と行き方

「えばこGOHAN」の住所は、鳥取市河原町牛戸3-2 で、地図上では次の場所になります。

鳥取自動車道河原ICで下車し、地図に示したルートをとると、約10分(約6km)ほどで「えばこGOHAN」に到着です。

西郷幼稚園の脇にある道を入った突き当りに「えばこGOHAN」はあります。店の前には広い駐車場がありますので、車を停める場所の心配はいりません。

えばこGOHANのメニュー

「えばこGOHAN」のメニュー
「えばこGOHAN」のメニュー
出典: 「えばこGOHAN」のfacebook

 
「えばこGOHAN」のメニューは、画像にあるようなイラストの入った手書きのメニュー。手書きのメニューって、描いた人の心が伝わるようでいいですよね。

メニューは、

  • えばこプレートランチ数量限定)… 1,000円
  • のっけごはん800円
  • スパイシーカレー800円
  • カレー&のっけ あいがけランチ900円
  • えばこブレンド珈琲350円
  • 紅茶400円
  • りんごジュース400円

などがあります。

ランチは、+200円で挽きたて珈琲、+350円で珈琲とケーキのランチセットにすることができます。

えばこプレートランチは、こんな感じのおしゃれなランチ。数量限定ですが、予約するとお取り置きしておいてくれますよ!

えばこプレートランチ
えばこプレートランチ
出典: えばこGOHAN

 
えばこプレートランチの内容は定期的に変更されており、専用のイラスト付きメニューもあります。

本日のえばこプレート
本日のえばこプレート
出典: えばこGOHANのfacebook

えばこGOHANのライブ営業って?

「えばこGOHAN」は、美味しいごはんが食べられるだけ場所ではありません。定期的にアーティストをお呼びしてライブ演奏を行っているんです。

これは、大阪の「KUSHITARO」時代から行っていることで、珈琲、あるいはお食事をいただきながら、さまざま分野のアーティストさんの生演奏を聴くことできます。

こちらは、10月1日のお昼に行われたわたなべゆう氏のソロギターライブの様子です。

わたなべゆう氏のソロギターライブ
わたなべゆう氏のソロギターライブ
出典: えばこGOHANのfacebook
わたなべゆう氏のソロギターライブ
わたなべゆう氏と一緒に
出典: えばこGOHANのfacebook

 
みなさん、わたなべゆう氏の演奏を堪能されたようですね。

7月には、LAST TANGOのメンバによる演奏会もありました。こちらは夜のライブ営業でした。

LAST TANGO
LAST TANGO
出典: えばこGOHAN

 
こんなに豪華なアーティストが来てくれるなんて、今家さん凄すぎます!

えばこGOHANの口コミや評判

えばこGOHANの評判はどうなのでしょうか? TwitterやInstagramからいくつか拾ってみたいと思います。

えばこGOHANの営業情報

最後に、えばこGOHANの営業上をまとめておきます。

えばこGOHAN
住所: 鳥取県鳥取市河原町牛戸3-2
TEL: 0858-71-0073
営業時間: 10:00~16:00
営業日: 水、木、金、土
URL: えばこGOHAN (http://ebako-gohan.com/)
facebook: えばこgohan

まとめ

本記事では、今家さんご夫婦が鳥取市河原町で営む、古民家カフェ「えばこGOHAN」についてご紹介しました。

すっかり地元に溶け込み、今家さんご夫婦自信が楽しんでカフェをやってる、そんな感じがしますね。

美味しい食事をいただける雰囲気のよいカフェ「えばこGOHAN」。

機会があれば、ぜひ訪れてみたいと思いました。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE