Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

池田陽子(サバジェンヌ)のWikiプロフと全サバ連やおすすめメニューも紹介

約6分

12月5日の『マツコの知らない世界』に、サバジェンヌこと池田陽子さんが出演されます。

全サバ連の広報としてサバを楽しみ、サバ文化を広める活動されていますが、本業は薬膳アテンダントという池田さん。

本記事では、池田陽子さんの経歴やプロフィールについてと、全サバ連での活動や、全サバ連おすすめのサバ料理についてご紹介します。

池田陽子

池田陽子さん
池田陽子さん
出典: 浅井企画

池田陽子のWikiプロフ

名前: 池田陽子(いけだ ようこ)
生年月日: 非公開(永遠のアラフォー)
出身地: 宮崎県(大阪育ち)
大学: 立教大学社会学部
生息地: 赤ちょうちん

大学卒業後は、出版社で編集者として働いていましたが、食と体や心に対する興味から薬膳師の資格をとります。

以降、薬膳アテンダントあるいは食文化ジャーナリストとしての仕事を池田さんの本業となります。

一方、池田さんは「サバジェンヌ」という肩書もお持ちです。なんだか、スゴイ造語ですけど、意味は何となくわかりますよね?(^^;

池田さんは、もちろんサバが大好きで、全サバ連では広報を担当。全サバ連のイベント告知などのほかに、全国の美味しいサバ料理を食べ歩いて、ブログに記事を投稿されています。

ほかにも、企業や自治体、さばファン団体との「さば外交」を行なったり、本業を活かしてさばやさば缶を使った薬膳料理も行っています。

池田さんのサバに関する連載記事はこちら。

どちらも豊富な写真と読み応えのある記事で、サバの魅力をたっぷりと伝えてくれます。

全サバ連と「サバジェンヌ」池田陽子

全サバ連
全サバ連
全サバ連 facebook

 
プロフィールの生息地に、赤ちょうちんとあることからも分かりますが、池田さんはお酒が大好き。

本人曰く、週の大半は居酒屋にいるとか。自分のことを『赤ちょうちん大衆酒場焼酎お湯割り属』などとも称しています。

池田さんを含むお酒好きが集まる仲間内の飲み会で、意外にもみんながサバ好きであることが分かり、それがきっかけで作られたのが「全日本さば連合会」、略して「全サバ連」です。

“みんなでいろんなサバ料理を持ち寄って飲もう” と、最初は7人で始まった集まりが、いつしか100人を超える会員数となったため、2013年に正式に全サバ連を立ち上げた、ということです。

全サバ連の活動

鯖ナイト
まず取り上げなければならないのが、この鯖ナイトです。
このイベントは、各地のサバの産地などから提供してもらったサバを使い、全サバ連のオリジナルレシピでつくった料理や、レストランにつくってもらったサバ料理を食べつつお酒を飲み、かつ語るというものです。

全サバ連の会員でなくても参加できるようなので、気なる方は全サバ連の公式サイト、またはfacebookをチェックしてくださいね。

鯖サミット
全サバ連が、“鯖の産地や鯖に力を入れておられる地域の取り組みを発信する場として、2014年より年1回のペースで開催” しているイベントです。

会場では、日本各地のサバやサバ料理が味わえるとあって、毎回たくさんの来場者で賑わいます。第4回となる今年の鯖サミットは千葉県の銚子市で開催され、約3万人の来場者がありました。

[adSense]

全サバ連のおすすめサバ料理

全サバ連がおすすめするお店とメニューを紹介しましょう。どれも美味しそうですよね。写真をみているだけで唾液が湧いてきます(^^

「さば銀」の〆サバいぶりがっこ和え

SABUさん(@sabu_aka_masato)がシェアした投稿

さば銀
住所: 東京都中野区中野5-32-9 nakano329ビル1F
TEL: 03-5942-9960
営業時間: 16:30~00:00
定休日: 日曜日(月曜日が祝日の場合は日曜営業)
その他: 年末年始の営業日・営業時間は問い合わせのこと

「平塚漁港の食堂」のサバのフィッシュ&チップス

サバのフィッシュ&チップス
サバのフィッシュ&チップス
出典: おとなの週末

平塚漁港の食堂
住所: 平塚市千石河岸51-14
TEL: 0463-86-6892
営業時間: 11:00~15:00(魚がなくなり次第終了)
定休日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)

「SUCCA」のサバ竜田サンド

「SUCCA」のサバ竜田サンド
「SUCCA」のサバ竜田サンド
出典: おとなの週末

ビーチバルSUCCA
住所: 平塚市高浜台33-1
TEL: 0463-72-7365
営業時間: 10:00~17:30(4~9月)、~16:00(11~3月)、~16:30(10月)
定休日: 月曜日(祝日の場合は、翌日火曜)

「民宿SNAPPER」の三宅島サバサンド

三宅島サバサンド
三宅島サバサンド
出典: おとなの週末

民宿SNAPPER
住所: 東京都三宅島三宅村神着1172
TEL: 04994-2-1433
注意: サバサンドは予約が必要

まとめ

本記事では、サバジェンヌこと池田陽子さんについて、Wikiプロフや全サバ連、そして全サバ連おすすめのお店とメニューについてご紹介しました。

私はサバが苦手なのですが、おすすめメニューを見ていたらサバが食べてたくてしかたなくなってきました。とくに、サバサンドが食べてみたいと思います。

銚子で開かれた鯖サミットでは、三宅島サバサンドの出店があったようで、大行列ができていたとのことです。

う~ん、もうちょっと早く鯖サミットのことを知っていれば、出かけていたのに…

また、来年の鯖サミットに期待したいと思います。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE