Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

【2022年版】上高地混雑予想カレンダー

約3分

昨年に続いて今年2022年(令和4年)も上高地の混雑予想カレンダーを作成しました。

今年は各地で観光客が増えると予想されています。少しでも、人の少ない上高地を楽しみたいとお考えの方は、旅行計画を立てるとき際の参考にしてください。

上高地 2022年の混雑予想カレンダー

当サイトの管理人のこれまでの経験と、交通機関(さわやか信州号)の混雑予想などから、上高地の混雑具合をカレンダーにしてみました。

上高地はGWお盆紅葉の時期がもっとも混みます。

この時期の上高地は、梓川沿いの遊歩道を歩く観光客の数のあまりの多さに気疲れしてしまい、ベンチに腰を掛けて休んでいる人もチラホラ(実は私自身がそうでした)。

夏は、夏休みの始まる7月下旬から9月の上旬にかけて、ずっと混んでいます。特にお盆の週は非常に混んでいる印象です。

秋は、10月上旬〜11月上旬の紅葉の時期が混雑します。10月上旬の紅葉は色づき始めたばかりですが、連休があるため、意外に多くの人が上高地を訪れます。

混雑の度合いは、あくまでも管理人の個人的な印象などから決めたものです。上高地への入山人数の統計値から求めたものではないことをご了承ください。

観光客が増えそうな2022年

コロナが、日本国内だけでなく世界的に落ち着く傾向にある今年2022年は、上高地の観光客はここ数年に比べてずっと増えそうです。

国内ではGoToトラベルの復活を望む声が聞こえはじめています。

先日、東京都の宿泊料金が割引となる都民割は、解禁後あっという間に完売してしまいました。旅行に出かけたいと思っている人はたくさんいるんですね。おそらく他の道府県においても同様の「県民割」を実施することは間違いないでしょう。

また、この6月から条件付き(添乗員付きのパッケージツアーのみ)ではありますが、海外からの観光客の受け入れが始まりました。いずれこの条件は外れると思われますので、そのときは円安であることも手伝って、どっと海外からの観光客が上高地にもやって来ると思われます。

静かな上高地を楽しみたいという人にとっては、いつ出かけるかが重要になってきそうですね。

7月からライブカラメラで混み具合をずっと見てきましたが、今年2022年の上高地は過去2年にくらべてかなり混んでいます(それでもコロナ前よりは空いています)。やはり行動制限のない夏休みということが大きいのではないでしょうか。観光地でコロナに感染するというニュースもよく見られるようになりました。上高地にお出かけの際はできる対策はしっかりして出かけるようにしたものですね。(2022年8月13日)

まとめ

去年のカレンダーは、私自身の個人的な印象を中心に混雑を予想したにも関わらず、多くの方に参考にしていただけました。

今年は、個人的な印象だけでなく交通機関の予想する混雑時期も加味して、カレンダーを作成してみました。

上高地におでかけになる際の参考になればと思います。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)