サイトデザインを更新しました!

上高地へ犬連れで行ける?ペット可のホテルはどこ?

当ページのリンクには広告が含まれています。

国内だけでなく海外の観光客にも大人気の上高地ですが、残念ながら犬などのペットを連れて行くことはできません。

このため、上高地への交通機関(バスやタクシー)にペットを乗せることはできませんし、上高地内にペット可のホテルや旅館もありません。

ペット禁止の理由は、ペットが現在の美しい上高地の自然やその生態系の破壊につながる(かもしれない)からです。

ペットを連れた旅行でも上高地の散策を楽しみたい方はいらっしゃると思います。

そのような方たちには、上高地周辺にあるペット可の宿に宿泊し、ペットを宿に預けて飼い主さんだけが上高地に行くことをおすすめします。

記事内ではもう少し詳しく解説していますので、よろしければお読みください。

目次

上高地へ犬連れで行けません

「上高地はペット禁止なのですか」とよく聞かれるのですが、端的に言えばそのとおりです。もう少し説明をしましょう。

上高地には、利用者に向けた「上高地5つのルール」と言うものがあり、その一つに「持ち込まない|ペットや外来生物を持ち込まないでください。」というお願いがあります。

「上高地5つのルール」は上高地の公式サイトや上高地ビジターセンター(環境省)のサイトなどで確認することができます。

上高地を訪れる人はこのルールに遵守することが求められているため、ペットの持ち込みは事実上禁止ということになります。

なぜペットを持ち込んではいけないの?

上高地は、美しく自然豊かな国立公園であり、また国の特別名勝・特別天然記念物にも指定されています。

ペットが持ち込まれると、ペットが媒介する病原菌やペットの行動による生態系への影響が心配されるほか、宿泊施設での安全上、衛生上の懸念がある、とされています。

上高地ではありませんが、国立公園内を飼い主とともに散策中の犬が、遊歩道を外れて歩いたり高山植物を食べてしまったりという事例があるようです(参考)。

上高地の美しい自然をこのままの姿で後世に伝えていくために、ペット同伴での上高地入りの自粛がお願いされているのです。

ペット禁止は法律で決まってるの?

ペット持込みが法律で禁止されているわけではありません。あくまでも、ペット持ち込み自粛のお願いとなっています。

法的な根拠が無いのならと、強引にペットを持ち込む人も実際に居るようです。

私もペット(小型犬)を連れた観光客を梓川沿いの遊歩道で一度見たことがあります。

「上高地5つルール」が設定されている背景を理解していただき、ペット同伴で上高地へ行くことを控えてもらえたらと思います。

ペットOKの宿泊施設は上高地には無い

ペット同伴で上高地へ行けないのだから、ペットとともに宿泊できるホテルや旅館はありません。当然と言えば当然ですよね。

それでも、念のため、以下の宿泊施設についてペット同伴の宿泊が可能かどうか調べてみました。

  • 大正池ホテル
  • 上高地帝国ホテル
  • 上高地温泉ホテル
  • 上高地ルミエスタホテル
  • 上高地アルペンホテル
  • 上高地西糸屋山荘
  • 五千尺ホテル上高地
  • ザ・パークロッジ上高地

結果はすべての宿泊施設においてペット同伴の宿泊は「不可」でした。

確認は、各宿泊施設のWEBサイトや規約、「上高地5つルール」に賛同しているか、チャットボットでの質問によって行いました。

実際は「ご遠慮願います」というような表現ですが、宿泊できないと思ったほうが良いでしょう。

上高地へのバスやタクシーにペットは乗せられない

上高地ではペット同伴の散策ができないので、そこに向かうバスやタクシーにもペットは乗せることはできません。

例えば、アルピコ交通では次のように明記されています。

  • 高速・特急バス全路線、および上高地・乗鞍岳などの国立公園内については、小動物の持込を全面的にお断りしています。
引用元:アルピコ交通 バスのご乗車方法

さわやか信州号や沢渡・あかんだなからのシャトルバスについては直接名前が出ていませんが、どちらも国立公園内に入るため、やはりペット不可です。

また、上高地線(シャトルバス)にバスを走らせている濃尾バスでも次のような注意があります。

~上高地線ご利用のお客様へ~
上高地・乗鞍地域につきましては、ペットの連れ込みができません。
そのため、上高地線・乗鞍線バスにつきましても、ペットの連れ込みができませんので、ご了承ください。

  • ケージに入れてある場合や、リードでつないである場合なども含め、状況にかかわらず、ペットをつれてのご乗車はできません。
引用元:濃尾バス 高山・平湯から上高地へ

身体障害者補助犬は例外

上高地への連れ込みは犬を含むペット(小動物)全般が対象ですが、例外があります。

盲導犬聴導犬介助犬などの身体障害者補助犬(以下、補助犬)は上高地に連れて入ることができ、飼い主は一緒に散策することもできます。

また、補助犬は上高地内の宿泊施設に飼い主とともに宿泊することもできます。

確認が必要

すべての宿泊施設が補助犬を受け入れてくれるかは不明です。

上高地帝国ホテルのように受け入れが可能なことをWEBサイト上で明らかにしているところもありますが、そうでないところは予約時に直接確認するようにしてください。

補助犬は、上高地へ向かうバスやタクシーに同乗させることもできます。

補助犬をバスやタクシーに乗せるときには、係員や運転手に同乗させたいという事を伝え、指示にしたがうようにしてください。

バスやタクシーの予約をする場合は、スムーズに乗車できるよう予約時に同乗させたいということを伝えたほうが良いでしょう。

上高地周辺のペット可のホテル

上高地周辺で、ペット同伴で宿泊できるホテルや旅館、できれば上高地などペット不可の観光地を散策できるようペットを預かってくれるところがあると嬉しいですよね。

調べてみたところ、ペットと一緒に泊まれてペットを預かってもらえるところは意外に少なく、次の2件のみ見つかりました(2024年1月調査)。

  • 奥飛騨温泉郷 旅荘つゆくさ
  • ペットと泊まる 陽だまり

順にご紹介しますね。

奥飛騨温泉郷 旅荘つゆくさ

旅荘つゆくさでは、宿泊していない人でもペットを預かってくれます。このようなサービスは、上高地周辺ではここだけです。たいへんありがたいですね。

ペット預かりを利用するには事前の予約が必要です。予約は宿泊している人でも必要です。

料金は下の表のようになっています。

スクロールできます
旅荘つゆくさの宿泊者無料
旅荘つゆくさに宿泊していない人2,500円(1頭1ゲージ)
3,500円(2頭1ゲージ)
旅荘つゆくさのペット預かり料金(2024年1月現在)

旅荘つゆくさのペット預かりを利用する際にとくに注意すべき点をまとめておきます。

  • ペットは犬のみ
  • 旅館の建物内や客室内にペットは入れません
    ペットは併設されているドッグハウス(ペットホテル)に宿泊します。
  • 利用可能な時間は、09:00〜15:00、15:00〜09:00
    トータルで12時間未満での利用が可能
  • ゲージは4室

他にも知っておくべき注意事項等があります。気になる方は、ぜひ旅荘つゆくさのWEBサイトでご確認ください。

宿泊してなくても ペット預かりが利用できる

ペットと泊まる 陽だまり

ペットと泊まる 陽だまり」は宿泊者であれば無料でペットを預かってもらえるペンションです。

犬だけでなく、猫、ウサギ、ミニブタ、フェレット、ハムスターなどのペットも受け入れてもらえるところが旅荘つゆくさと違うところ。

1,000坪以上の広さを持つドッグランがペンション前にあるので、ワンちゃん(と飼い主さん)にとっては日頃の運動不足を解消するのに良いかもしれません。

ワンちゃん以外に猫やうさぎもOK!

まとめ

本記事では、上高地にペットは連れていけるか? ペット泊まれるホテルや宿はあるか? について、次のような解説を行いました。

  • 上高地にはペットを連れていけない
  • 上高地へ向かうバスやタクシーにペットを同乗させることはできない
  • 上高地内にペットと泊まれるホテルや旅館はない
    • 上高地周辺にペットOKで、ペットを預かってもらえる宿が2件ある
    • このような宿に宿泊し、ペットを預けて上高地散策できる

本記事の内容が、ペットと一緒に旅がしたい、上高地にも行ってみたいという飼い主さんの旅行計画のお役に立てればと思います。

コメント

コメントする

目次