Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

ドゥトルテ大統領がフェンタニル乱用の理由とは?どんな鎮痛剤?

約3分

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodorigo Duterte)大統領が強力な鎮痛剤であるフェンタニルを使用していることを認めました。

このことは大統領の健康懸念を呼んでおり、12月18日、議員らはドゥテルテ大統領に健康診断を受けて、その結果を公表するように促しました。

なぜドゥテルテ大統領は、フェンタニルを乱用しているのでしょうか?
フェンタニルとはどのような鎮痛剤なのでしょうか?

ドゥテルテ大統領がフェンタニルを使用する理由とは

ドゥテルテ大統領が12日公表したところによると、過去にオートバイの事故で脊髄を痛めたため、その後遺症である痛みを抑えるためにフェンタニルの貼り薬を使用していた、とのことです。

しかし、大統領が処方された量以上のフェンタニルを使用していると知った医師から、同剤の使用を止められていると言います。

ドゥテルテ大統領の健康状態に対する懸念は以前からあり、フェンタニルを使用しているという今回の公表は再び大統領の健康に対する憶測に火を付けそうです。

ドゥテルテ大統領は、大統領選の選挙運動中から癌ではないかという噂があり、ドゥテルテ氏はこの噂を繰り返し否定していました。

フェンタニルとはどんな鎮痛剤?

フェンタニルは、モルヒネの100~200倍もの効果があるとされる非常に強力な鎮痛剤です。

循環器系にはあまり影響がありませんが、呼吸器系には抑制効果があり、多くの場合呼吸補助(酸素マスク等)を必要とします。

大量投与しない限り、意識レベルには影響しません。

パッチ剤(貼り薬)は、癌による痛みの緩和に使用されています。

ドゥテルテ大統領は貼り薬を使用していた(現在も使用している?)ということなので、癌ではないかと疑われるのも無理はありません。

フェンタニルは乱用薬物としても流通しており、通称「チャイナホワイト」と呼ばれています。同量でヘロインの50倍もの効果があると言われています。

フェンタニルの乱用は非常に危険で、4月に亡くなったミュージシャンのプリンスも、フェンタニルの過剰投与による中毒死であることが分かっています。

まとめ

本記事では、

  • ドゥテルテ大統領の健康疑惑
  • ドゥテルテ氏が使用している鎮痛剤フェンタニル

についてご紹介しました。

国際社会からはいろいろと言われていますが、フィリピン国民からは絶大なる信頼を得ているドゥテルテ大統領です。

フィリピン国民の心配を晴らすためにも、ちゃんと健康診断を受けて、結果を公表してほしいものですね。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE