Topic Clouds

さまざまな話題に鋭く切り込むカジュアルメディア

WBC壮行試合で負傷した内川の怪我の具合は?本戦までに復帰できる?

約4分

WBCで世界一奪回を目指す侍ジャパンは、今日2月25日にソフトバンクとの壮行試合は行いましたが、なんと試合中に内川聖一(うちかわせいいち、34歳)選手が負傷交代するというアクシデントが発生しました。

内川選手の怪我の具合はどうなのでしょう?

キューバ戦まであと10日しかありませんが、出場可能なのでしょうか?

侍ジャパン2月25日の壮行試合

内川選手と斐紹選手が交錯

サンマリンスタジアムで行われたソフトバンクとの試合、内川選手は8回から中田選手に代わって一塁に入っていました。

打者斐紹(あやつぐ、24歳)選手が、無死一塁の場面でバントをすると、捕手・小林選手が捕球して一塁に投げます。

この球が少々低めの送球となってしまい、球をこぼしてしまった内川選手が球を拾おうとしたところに、走ってきた斐紹選手が…。

内川選手が負傷
内川選手が負傷 ©日刊やきう速報

内川選手の怪我の具合は?

斐紹選手と接触し倒れこんでしまった内川選手は、しばらく起き上れないほどの苦しみようです。

倒れた内川選手と斐紹選手
倒れた内川選手と斐紹選手 ©日刊やきう速報
起き上れない内川選手
起き上れない内川選手 ©日刊やきう速報

 
担架まで用意されたようですが、内川選手はレーナーに付き添われ、右肩を抑えるようにして、ベンチに帰って行きました。

右肩を脱臼したのでしょうか?

右肩を抑える内川選手
右肩を抑える内川選手 ©日刊やきう速報

 
内川選手と斐紹選手の接触の瞬間の画像がこれです。

内川選手、接触の瞬間
内川選手、接触の瞬間 ©出月俊成

 

後ろからの画像なので、右腕がどういう状況なのか分かりませんが、球を拾おうと伸ばした右腕に、斐紹選手がぶつかっているようです。

WBC本戦出場に出場できる?

状況からすると、右肩の脱臼か、上腕部の打撲か。

倒れたあとしばらく起き上がれなかったということは、もしかしたらもっと深刻な状況ということも考えられます。

内川選手は試合後に病院へ向かったそうで、その診断結果が非常に気になりますね。

WBC2017に内川選手が出なければならない理由

内川選手にとっては、今年のWBCに出て世界一を奪還しなければならない理由があります。

4年前の第3回WBCで犯したミスの雪辱を果たさなければならない、からです。

本人がそう口にしている訳ではありません。が、心ではそう思っているはずです。

2013年の第3回WBCで3連覇を目指していた侍ジャパンは、準決勝のプエルトリコ戦で苦戦していました。

8回の攻撃時に、1アウト1・2塁というチャンスをようやく掴みます。1塁走者内川選手でした。

バッターは阿部(慎之介)選手でしたが、可能ならダブルスチールも、という状況でした。

ところが、スタートを切ったのは内川選手だけ。2塁の井端選手はスタートせず、内川選手は1~2塁に挟まれてアウトになってしまいます。

結局この回も得点できず、試合は3-1で侍ジャパンは負けてしまいます。

せっかくのチャンスを潰してしまったのは自分だと、試合後のインタービューでは泣きながら内川選手は謝罪していました。

謝罪する内川選手
謝罪する内川選手

 
内川選手は今日までずっとこのことを忘れずにいたはずです。そして、今回のWBCでかならず雪辱を果たす、世界一を取り返すことを思っていたはずです。

世界一奪還に向けて

WBCの最初のキューバとの試合は10日後です。単なる打撲だとしても、内川選手のキューバ戦への出場は難しいかもしれません。

4年前、WBC 3連覇を目指していた侍ジャパンは、まさかの準決勝敗退。

キューバ戦への出場は無理だとしても、怪我が回復したら途中からでも出場し、ぜひ世界一奪還を実現し、雪辱を果たして欲しいと思います。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE